「いないいないばあっ!」が中国で大人気のワケ

アジア各国に「輸出」され、人気を博している

「いないいないばあっ!」のチャリティーステージ「ワンワンわんだーらんど」の、中国版ステージショー(2018年8月)(写真:上海习游文化传播有限公司)
0~2歳児向けの番組「いないいないばあっ!」が、今、アジア各国に「輸出」され、人気を博している。教育熱の高まりなど背景に、日本の乳幼児向け番組制作のノウハウが求められている――。

0~2歳児を対象にしたEテレの人気番組「いないいないばあっ!」。踊りや歌、人形劇などで成り立つこの番組に、わが子もそれはそれはお世話になった。オープニング音楽が流れたとたん、どんなに泣いていても番組の世界に引き込まれたものだ。今、その「いないいないばあっ!」が、中国、ベトナム、ミャンマーで放送されている。

独自のキャラクターなど「お国柄」も取り入れて

2017年1月からベトナムで吹き替え版が放送され、2017年7月には中国でも、完全ローカライズ版の放送が始まった「いないいないばあっ!」。アジア諸国での人気は好調で、今年8月からはミャンマーでも放送開始。アジアの子どもたちを次々と魅了する理由を、ベトナム・ミャンマー担当の演出・奥富健善氏はこう語る。

「そもそも、これらの国で未就学児のみを対象にした幼児番組がこれまでなかったのが人気の大きな理由でしょうね。ベトナム国営放送に初めて教育専門チャンネルが開局したのが3年前。海外アニメの吹き替えなどはあっても、同じくらいの年齢の子どもが実際に登場する乳幼児向け番組はなかった。ベトナムでは、0歳から6歳くらいまでがそろって楽しんでくれていますよ」

子どもにうけるものをいちばん知っているのは子どもたちだ。

「中国での放送は、上海のある制作会社の男性が日本在住時に『いないいないばあっ!』に夢中になっている子どもの様子をみて、いつか中国でも放送したいと考えたことがきっかけ」と、プロデューサーの鈴木知子氏。

「ただし吹き替え版ではなく、親近感を持たせるために、出演者は全員中国の人でやりたいと。現地の子どもたちをオーディションして、スタジオ撮影や家庭でのロケを行い制作されています」

本記事は『東京人』2019年10月号(9月3日発売)より一部を編集して転載しています(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

べトナムでも、放送2年目からはオリジナルのネコのキャラクター「ミャオミャオ」を開発・制作し、ベトナム各地を訪れるキャラバンロケも現地で撮影するなど、オリジナルの部分が多くなった。現在制作中のミャンマーは、スタジオ設備が整っていないこともあり、自然の中でのロケが中心だ。各国のカラーやオリジナリティーを出しながらも、日本側は番組の質を維持するよう、制作のサポートや監修を行っているという。

「どの国の制作スタッフにも日本で研修を受けてもらいますし、こちらも現地に出向いて勉強会をしたり、とくにはじめは制作の指導もしていました。新キャラの『ミャオミャオ』もデザインはベトナムチームに任せつつ、人形は日本の工房で作るなど、技術的なフォローもしています」(奥富氏)

次ページ遠足のお弁当が「バインミー」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。