1987年、ベンツに5日間徹底取材して学んだこと

最古の自動車メーカーの原点がそこにあった

1987年にメルセデスベンツ本社を5日間訪れ、タイトでハードな取材から見えてきたものとは?(写真:LEON編集部)
1987年の西ドイツ、メルセデスベンツ本社を5日間徹底取材した著者。そこで知った、クルマ作りの神髄とは?

メルセデスから思いもよらないプレゼント

1987年のある日、メルセデス・ベンツ・ジャパンから電話が入った。「ご相談したいことがあるので、近々お時間を」との電話だった。

数日後、メルセデスに出向いたのだが、思いもよらないプレゼントが待っていた。

本記事はLEON.JPの提供記事です

プレゼントとは「メルセデス・ベンツを徹底的に取材して回る旅」だった。日程は、月曜日から金曜日までの5日間。内容をザックリ言えば、ドイツ国内(西ベルリンも含める)の全施設を見て回り、そのすべてに専門の担当者が同行。詳しく説明すると同時に、質問に答えるというものだった。

この内容だけでも驚いたが、さらに驚いたのは、対象が「僕1人」だったこと。つまり、僕1人のために、多くの部署が、その担当者が、貴重な時間を割くことになる。

本社の広報担当者と、ドイツ語の通訳も5日間、僕1人に付きっきりになる。

僕は恐縮してしまった。しかし、ジャパンの担当者から、「これはメルセデスのほうからお願いしていることですし、往復時間を含めてまるまる1週間の拘束になってしまいます。恐縮するのはこちらのほうです」との言葉をいただいて、少しホッとしたことを覚えている。

「岡崎さんには、可能な限りメルセデスを見ていただき、知っていただき、理解していただきたいのです。これは、日本とドイツ両方の考えです」とも言われた。胸が熱くなる言葉をいただいた。

次ページ1986年当時のダイムラー・ベンツ社といえば
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT