プロジェクトは「最終報告」の目次から考える

不確実性が高い状況にこそ相応しい仮説思考

ビジネスの場における「仮説思考」がどのようなものか、解説します(写真:ipopba/iStock)  
AI(人工知能)の時代に、人間に求められるのは、自ら能動的に問題を発見し、やるべき解決策を考えて、それを行動に移していく力です。すなわち「自分の頭で考える力」です。
思考(法)には、戦略的思考、ロジカルシンキング、アナロジー思考、具体と抽象、MECE、ロジックツリー、無知の知、メタ認知……など、基本となるキーワードがあります。
入門「地頭力を鍛える」32のキーワードで学ぶ思考法』から、ここでは「仮説思考」とはどのような思考法なのか、なぜ重要なのか、どう使うのかを解説します。

【WHAT】結論から考える

仮説思考とは、限られた時間と情報しかない中でも目標達成、問題解決に向けた仮の答え(仮説)をまずは決め打ちしたうえで、先に進んでいく発想法です。

『入門「地頭力を鍛える」32のキーワードで学ぶ思考法』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

地頭力の基本は、「結論から、全体から、単純に考える」ことです。仮説思考(力)とは、「結論から考える」ことであり、地頭力を構成する基本の要素の1つでもあります。

「ベクトルを逆転する」あるいは「逆算して考える」のが仮説思考です。

「はじめ」からではなく「おわり」から考える。「できること」ではなく「やるべきこと」から考える。「自分」からではなく「相手」から考えることを意味しています。

例えば、ある期間内に調査結果をまとめるプロジェクトのリーダーに任命されたとしたら、「明日からのアクション」ではなく、まず「最終報告」を考える。最終的に「誰に」「どんなメッセージが伝わればよいか」を最初に考える。

次ページビジネスの場での「仮説思考」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。