食品大量廃棄を「とんでもない」と騒ぐ人の盲点

経済合理性の観点でとらえたらどう見える?

松尾:食品がたくさん捨てられている状況が「理想状態」ではないことはわかります。ただ他の業界、例えば建材とか自動車部品なども生産の過程で少なからず廃棄があります。それはなぜ問題とされないのか。

生産の過程における無駄はどこにもあるし、過剰生産もたくさんある。食べ物だけが問題とされるのは、昔から「食べ物は残しちゃいけない」という文化とあいまって、わかりやすい、感情に訴えかけやすいからですよね。

でも、それだけじゃないですか。経済合理性を追求する現状のシステムからすると、それを問題とする必要があるのでしょうか。

廃棄処分される食料品(写真:リディラバジャーナル)

安部:経済合理性の観点から、そうした捉え方があるのはわかります。ですが、あらゆる問題が解決されていて、社会としてのシステムが最適化されている状態を目指してもいいじゃないですか。

だから僕は、建材で膨大な量の部品が捨てられていることも問題だと思っています。それは社会システムとして、明らかに理想状態と現状に乖離があり、最適化される必要がありますから。

経済を「最適化」させるためのロス

松尾:フードロス含めて、多くのことが経済的にはすでに最適化されていると僕は思っています。構造上、ある程度のロスが出るのは仕方がないわけで。

それをメディアがこぞって報じることにより、大きな問題であるかのように見せられているという負の面があるのではないかというのが僕の認識です。

つまり、メディアがエンターテインメントとしてフードロスという「社会問題」を扱っている側面があるんじゃないかなと。

安部:確かに、そうした報道があることは事実だし、それはそれで問題だと思います。でもそれは、フードロスという問題の取り上げ方にもよるんじゃないかと思うんです。

おそらく松尾さんが言っているのは、アフリカの飢餓の問題などと結びつけてフードロスが扇情的に報じられていることではないでしょうか。

僕もそれは意味がないと思います。日本のフードロスをアフリカの国々に届けられるかといったら無理ですし。

次ページ報道による社会問題のエンタメ化
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT