ココイチ社長が激白!「聖地」インド進出の勝算

日本式カレーはインド人に通用するのか

――ここ最近は、段階的に値段を上げてきました。今後値上げの可能性はあるのでしょうか。

できれば上げたくない。ここで止められるなら止めたい。ただ、原材料価格はどんどん上がっている。原料を加工してもらっている工場やメーカーの人件費も、物流費も上がっている。自分たちだけ価格を抑えることはできない。働いてくれる社員にも、ほかに負けないぐらい給料を出したいという思いもある。

上昇するコストはどこかで吸収しないといけない。オペレーションを見直すなどして、それでも吸収できない分をお客に負担してもらう。最後の最後に「もうこれはお願いするしかない」となれば、将来も必要に応じて値上げをする。ただし、便乗値上げだけはまったく考えていない。

値上げしてもファンが支えてくれた

――ほかの外食チェーンでは値上げをすると、客数が減ることが多い中で、ココイチは値上げしながら客数も維持できています。

「ちょっと値段が上がったけど、店も社員もイキイキしていて、気持ちよく食事させてもらったのでよかったね」でないとダメ。明るい接客や気配りなどは、いつもフランチャイズのオーナーや社員に語っている。

やはりファンが多いというのがいちばん大きいかもしれない。ファンの方には、本当に助けていただいている。自分オリジナルの好きなカレーがあって、「今日カレー食べたいな」と思ったときにココイチを思い出してくれる。

例えば、「ロースカツ、チーズミックス、ご飯400グラム、2辛。俺はいつもこれなんだよね」というお客は、20円上がったとしても、それほど気にされない。2辛にする時点で40円アップする。テーブルにも「とび辛スパイス」を置いているから、それをかけたら40円を払わなくて済む。あえて「40円払っても2辛がいい」というお客は「20円上がるから1辛にして、あと1辛分はとび辛スパイスをかけよう」とか、そんなことをしない。

――創業者の宗次徳二氏、その奥さんの直美氏、そして前社長の浜島氏から、今年3月に4代目社長の職を引き継ぎました。人件費や原材料の上昇が続き、ここ数年は営業利益が伸び悩んでいます。

宗次夫妻から浜島・前社長がバトンを受けて、そのときは株式上場したばかりだった。まだまだ会社、組織として改善するべきところがあった。その後、東証一部に上場して、浜島・前社長が17年間で会社を成長させた。借金もなくなり、健全な形になった。

新社長として、海外でいろんなものを見てきたことも含め、新しい感覚を持って経営する。時代はどんどん変わっていく。少し先を見ながら新しいことにチャレンジして、今の「カレーハウスCoCo壱番屋」を時代に合わせて変化させていくのが、私の仕事だと思っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。