実録!ホームレス施設からハーバード入学の道

シングルマザーが実践!8つの「子育ての公式」

(5)人生の意味や目的を伝える「哲学者」

哲学者は、幼い頃だけでなく生涯を通じて、子どもが意味や目的を探す手助けをする。子育ての達人は自分の世界観を伝え、子どもはそれを道しるべとする。

エリザベスが伝えた哲学は、貧しさを受け入れるな、というものだ。彼女は5歳の息子とバスに乗り、街角にたむろする若者を指さして、頑張って勉強すればあんな運命から逃げ出せると教えた。

教育を受ければ成功できるという彼女の信念に促されて、ジャレル自身も、たとえ過去の統計を見る限り難しくても、豊かな家庭の子どもと互角にわたりあえると信じるようになった。

(6)子どもが憧れを抱く「お手本」となる

お手本役は、言葉でなく行動で示す。いつかこうなってほしいという姿を、子どもに見せるのだ。親の生きざまを通じて子どもは、親が自分にどんな人間に育ってほしいと思っているか感じとる。

エリザベスは、息子を育てながら大学に通った。ジャレルは、自分や妹たちの世話をやくかたわら、勉強に励む母の姿を目の当たりにした。

そうすることで母は、決意をもって高い目標を目指し、計画的に粘り強く取り組む見本を見せた。母の生き方を見ていなければ、ジャレルも別の人生の可能性など考えもせず、通りをうろつく「ワルや不良グループ」をまねていたかもしれない。

息子の考えを尊重しても、ダメなことはダメと正す

(7)権力者と渡り合う方法を教える「交渉相手」

交渉相手は、子どもが正しい判断をし、自分の意見を堂々と主張できる自立した人間に育つ下地をつくる。手配役は、子どもが自力で解決できない問題に手を貸すのに対し、交渉相手は独り立ちの準備をする。

といっても、子ども本人が何でも好きに決められるわけではない。交渉相手は自立心を育む一方で、必要があれば介入し、子どもの行動を制限したり罰を与えたり、ダメといったり、約束事を決めたりする。子どもも自分の意見を言えるけれど、親が一貫性のあるルールを決め、一定の範囲を設ける。

エリザベスは息子の考えをいつも尊重し、大人に反論してもよいと教えていた。だから彼は高校時代、小説の解釈をめぐり国語教師に食ってかかった。けれど息子が、いじめられるから部屋にこもって本を読みたいと訴えたとき、エリザベスは頑として認めず、外で友達をつくりなさいと諭した。ジャレルは、自分なりのやり方で母のルールにしたがった。

言われたとおり外に出たけれど、放課後何をするかは(母が認めた選択肢の中から)自分で決めた。

次ページ子どもを導く「GPS」としての役割
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT