実録!ホームレス施設からハーバード入学の道

シングルマザーが実践!8つの「子育ての公式」

「単語だけじゃなく、あの子が覚えられそうなら何でも読んで聞かせた。そのうち、図書館で山ほど本を借りるようになった。一緒にソファに座って本を読んだのよ」

相変わらず本を買うお金はなかったけれど、読書はいちばんの楽しみだった。公立図書館が第2のわが家になった。何時間もかけて本を選び、物語や挿絵に夢中になった。余分なお金はなかったけれど、彼女はいつも子どもの好奇心を刺激する方法を探し、のちに役立つ経験をさせようとした。「いろんなパレードに行った。昔は中心街で子どもフェスティバルをやってて、毎年見に行ったの。あちこち出かけたわね」。

バスの中さえも勉強の時間だった。「『止まれ』の道路標識を教えたり、ビルやレストランの看板を一緒に読んだり。そんな遊びをしたんです」。

母の「一生このままはイヤでしょ?」という言葉

エリザベスは、勉強だけでなく実社会で役立つ知恵も教えた。「母に言われました。『あんたは黒人なんだから、黒人同士連れだって車に乗っちゃいけないよ。警察に止められるからね』」とジャレルは振り返る。

近所の若者は、貧しさを運命として受け入れていた。けれどエリザベスは、貧困を抜け出す努力が大切だと繰り返し教え続けた。近隣の「ワル」を指さし、こう諭したのだ。

「あの人たちを見なさい、どんな暮らしをしてるかわかる? あたしたちは、どんな暮らしをしてる? 1人残らず貧乏でしょ。一生このままはイヤじゃない?」

エリザベスは息子に別の生き方も示した。ジャレルによると、母の言葉に毎日導かれていたという。「よく言われました。『運命を変えるには、勉強して人生を変えるしかないんだよ』って。それだけは譲らなかった。だから僕はずっと、勉強はここから抜け出す手段だと思っていました。『ひどすぎる、こんな暮らしはまっぴらごめんだ』と思ったんです」

8歳になる頃には、母親の苦労が実を結び始めた。ジャレルは、いくつもの分野で活躍する成績優秀な小学生になり、母に言われたから頑張るのではなく、自分の目標を見つけていた。

彼は、私たちにこう語った。「8歳のとき、大学というものがあると聞いたんです。僕はいちばんいい大学に行きたかった。いちばんいいのはどこ、と聞いたら誰かが、ハーバード大学だと教えてくれました。それで『よし、そこに行こう』と思ったんです。それが何かわかっていなかったけど、以来ずっと、行きたい大学はそこだけでした」。それでも、一家はまだシェルター暮らしのままであったという。

次ページエリザベスの決断
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT