バリキャリをやめた43歳女性が幸せそうなワケ

"自分中心生活"をやり切った後の結婚は…

43歳女性が絶讃する夫とは…(イラスト:堀江篤史)
<平日はフルタイムで仕事をしておりますので、1時間程度でもよろしければ昼休みに。もしくは土日でお願いします。私ひとりで伺います。子が小さいので、土日でも夫同席だと子も一緒になってしまい、ゆっくりお話しできなくなるからです>

こちらにも配慮しながら、明確なメールで取材協力の条件を伝えてくれたのは、都内の金融機関で契約社員として勤めている山根敦子さん(仮名、43歳)。オフィス近くの和食店を予約して、ランチタイムに会ってもらった。

清潔感のあるショートカット。淡々としているが、人の気持ちをそらさない話し方。敦子さんはいい意味で「人慣れ」をしていることがわかる女性だ。夫の哲夫さん(仮名、41歳)との間には3歳の娘がいる。婚姻届を出した半年後に「まさか」の妊娠をし、友人たちへのお披露目パーティーで大好きなお酒が飲めなかったとぼやく。豪快な人物でもあるようだ。

自由を謳歌していた独身時代

敦子さんは結婚するまでは出版社で働いていた。バリバリ仕事をしながらプライベートも大いに楽しんでいる独身女性が周囲に多く、自分も結婚願望はまったくなかった。

この連載の一覧はこちら

「子どもがあまり好きではなく、子どもを欲しいと思わなかったから、でしょうか。楽しい彼氏がいればそれでいいと思っていました。洋服、飲み、観劇、コンサートなどに時間とお金のすべてを費やしていましたね。貯金もしていません」

追いかけられるよりも追いかける恋愛が好きだったと振り返る敦子さん。主に合コンで知り合い、付き合ったのはバーテンダーや植木職人などの自営業者が多かった。

「いずれも結婚不適合の男性でした(笑)。周囲の既婚男性はみんな浮気をしていて、30歳を過ぎたあたりで離婚して独身の世界に戻ってくるんです。結婚に夢など持てない環境でした」

次ページそんな敦子さんも35歳で気持ちに変化が…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT