韓国の若者6人が語る「ヘル朝鮮」と「対日感情」

政治への関心希薄でも「日本は早く謝罪を」

韓国の若者たちはどのような“今”を生きているのでしょうか?(写真:wilightShow/iStock)

輸出の優遇措置の解除や元徴用工問題などにより、緊張感が高まる日韓関係。韓国では日本製品の不買運動がたびたび報じられ、日本では対馬や九州などで韓国人観光客が減少するなど、民間にも影響が出始めています。

一方、日本の若者の韓国への親近感は、引き続き根強いものがあります。私は3月末に調査目的でソウルを訪れましたが、春休み期間中だったこともあり、金浦空港はものすごい数の日本人女子大生らでごった返していました。

私がマーケターとして10年来調査を行っている若者研究の観点から言うなら、いま韓国は、日本の若者、とくに10〜20代女性の多くにとってファッション、コスメ、スイーツ、フード、音楽といった分野で流行の先端を行く国だと、日本の若年層の女子には捉えられています。

その後、日韓関係が深刻にこじれた後も日本の若者への調査を行っていますが、特に若年層の女子の間における韓流支持はあまり揺らぐことなく、根付いています。ただし、日本の若年層の女子の間でも、本人たちの希望はさておき、昨今の日韓関係を鑑み、親が子の渡韓を止めるケースも増えつつあるようです。

さて、韓国の若者たちは日ごろ、どんなトレンドの中で生きているのでしょうか。今回の渡韓では、ソウル市内に住む男女6人に家庭訪問調査を試み、かつ若者が集うトレンドスポットでの街頭インタビューも行い、彼らの意識・生活価値観を探ってきました。彼らが直面している社会問題や現政権に対する気分、対日感情、身の回りの流行や恋愛事情。これらから現在の韓国社会が浮かび上がってきます。(取材は3月に実施したものです)

【訪問取材者】
①A君:25歳/書店勤務。小説家志望。好きな作家は村上春樹。
②B君:28歳/広告代理店勤務を経て、社員数名の動画制作会社を起業。
③C君:33歳/オンラインショッピングサイトのプログラマー。
④Dさん:20歳/大学で建築学科を専攻する大学生。
⑤E君:18歳/夜間大学の日本語学科専攻。将来は服飾関係を志望。
⑥Fさん:25歳/東京に4年留学ののち、現在はソウルで企業に勤務。

韓国社会の生きづらさを表す「ヘル朝鮮」

今の韓国の若者が取り巻かれている環境を表すものとして「ヘル朝鮮(チョソン)」という流行り言葉があります。ヘル(Hell)とは地獄のこと。韓国社会が若者たちにとっていかに生きづらいかを表した言葉です。2、3年ほど前から流通している言葉ですが、現在でもその状況は変わっていないようです。

その最も深刻な“地獄”が、若者の就職問題です。「韓国の社会問題は?」の問いに就職問題を挙げなかった若者は、たったの1人もいませんでした。

次ページ若者の悩みは「就職」と「住宅」
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング