「東大生の記憶術」は意外と簡単にマネできる

「多くのことをすぐ覚える」たった1つの方法

「単語帳で一つひとつ覚える」よりも、効率的な記憶術があるといいます(画像:Fast&Slow/PIXTA)
偏差値35から奇跡の東大合格を果たした西岡壱誠氏。そんな彼にとって、東大入試最大の壁は「全科目記述式」という試験形式だったそうです。
「もともと、作文は『大嫌い』で『大の苦手』でした。でも、東大生がみんなやっている書き方に気づいた途端、『大好き』で『大の得意』になり、東大にも合格することができました」
「誰にでも伝わる文章がスラスラ書けるうえに、頭もよくなる作文術」を『「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる 東大作文』にまとめた西岡氏が、「東大生の記憶力」の正体を解説します。

東大生は本当に「暗記が得意」なのか?

みなさんは、東大生にどういうイメージを持つでしょうか?

「記憶力がいい人」「たくさんのことを、いっぺんに、すぐに覚えられる人」……。

7万部のベストセラー『東大作文』に、【東大作文練習ノート】と【イベント抽選応募券】がついた限定「特別版」発売中(画像をクリックすると、特設サイトにジャンプします)

そんなイメージを持つ人が多いかもしれません。

しかし実は東大生は、記憶力が特に優れているというわけではありません。意味もない数字や関連性のない単語を覚える能力は、ほかの大学生と比べても「優れている」とは言えない人も多いです。

もちろん中には「教科書を丸暗記して東大に合格した!」と豪語するような暗記力のいい東大生もいますが、それも100人に1人くらいのものです。

僕は東大生になってから、500人以上の東大生と話し、インタビューをしたりアンケートを取ったりしてきたのですが、多くの東大生は「自分は記憶力が優れているほうだ」とは考えていませんし、実際、物覚えがいい人ばかりではありません

次ページなぜ受験時には膨大な量を「覚えている」のか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT