吉野家「超特盛」ヒットを生んだ陰の主役とは

P&G出身の「マーケティングプロ」が大活躍

「超特盛」のヒットなどで吉野家の業績が急回復している(記者撮影)

牛丼チェーン「吉野家」などを運営する吉野家ホールディングスの業績が復調してきた。

同社が7月9日に発表した2019年度の第1四半期(2019年3~5月期)決算によると、売上高は前年同期比6.0%増の527億円、前年同期に1.7億円の赤字だった営業利益は10.4億円の黒字となった。

3カ月間で通期計画超えの利益

同社は2019年度通期の営業利益を10億円(前期実績は1億円)と計画している。わずか3カ月で、早くも通期計画を上回る利益水準を叩き出した格好だ。第1四半期が終わった段階で営業利益が10億円を超えるのは、実に12年ぶり。12年前は、BSE(牛海綿状脳症)の疑いによるアメリカ産牛肉の輸入停止が終了し、牛丼の提供を再開し始めたことが好業績の要因だった。

2018年度は目新しい商品施策を打ち出せなかったこともあり、売上高が想定ほど伸びなかった。原材料や人件費の高騰に加え、特別損失として業績が悪い店舗の減損を計上し、最終赤字が60億円に膨らんだ。

2019年度に入ってからの既存店売上高(前年同月比)をみると、4~8%台のプラスで推移している。

次ページ既存店売上高が急回復したわけ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • コロナショックの大波紋
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。