吉野家「超特盛」ヒットを生んだ陰の主役とは

P&G出身の「マーケティングプロ」が大活躍

「超特盛」のヒットなどで吉野家の業績が急回復している(記者撮影)

牛丼チェーン「吉野家」などを運営する吉野家ホールディングスの業績が復調してきた。

同社が7月9日に発表した2019年度の第1四半期(2019年3~5月期)決算によると、売上高は前年同期比6.0%増の527億円、前年同期に1.7億円の赤字だった営業利益は10.4億円の黒字となった。

3カ月間で通期計画超えの利益

同社は2019年度通期の営業利益を10億円(前期実績は1億円)と計画している。わずか3カ月で、早くも通期計画を上回る利益水準を叩き出した格好だ。第1四半期が終わった段階で営業利益が10億円を超えるのは、実に12年ぶり。12年前は、BSE(牛海綿状脳症)の疑いによるアメリカ産牛肉の輸入停止が終了し、牛丼の提供を再開し始めたことが好業績の要因だった。

2018年度は目新しい商品施策を打ち出せなかったこともあり、売上高が想定ほど伸びなかった。原材料や人件費の高騰に加え、特別損失として業績が悪い店舗の減損を計上し、最終赤字が60億円に膨らんだ。

2019年度に入ってからの既存店売上高(前年同月比)をみると、4~8%台のプラスで推移している。

次ページ既存店売上高が急回復したわけ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • コロナ後を生き抜く
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT