JR新駅がカギを握る「湘南モノレール」の未来

昨年にはPASMO導入、利用者獲得に何が必要か

しかし、JR村岡新駅の行方は、湘南モノレールの乗客増に向けた取り組みに大きな影響を及ぼすことは間違いない。今後、湘南モノレールにとって、さらなる工夫が重要となる。

昨今、電車やバスなどの予約や決済をスマートフォンなどの1つのプラットフォームで完結させる「MaaS」導入に向けた取り組みが各地で進んでいるが、湘南モノレールにおいても、他鉄道やバス、タクシー、カーシェアなど他の交通機関との連携を進めて、藤沢・鎌倉エリアにおけるプレゼンス向上を図りたいところだ。

利用促進に何が必要か

他の交通機関との連携が重要と筆者が考える理由は主に2つある。1つ目は、湘南モノレールの利用促進につながると考えるからだ。バス、タクシー、マイカーの利用者を湘南モノレールに誘導する仕掛けとして、湘南モノレールの駅と沿線地域との間の二次交通としてのバス、タクシー、マイカー(を停める駅前駐車場)とをMaaSなど1つのプラットフォームで連携させることが、湘南モノレールの利用促進の後押しとなる。

2つ目は、JR村岡新駅に対する競争力向上のために必要と考えるからだ。現状、湘南深沢駅の周辺住民が横浜や都内などへ鉄道で移動する場合、湘南モノレールでJR線との接続駅である大船駅へ向かうルート、または湘南江の島駅へ出て江ノ電または小田急線へ向かうルートを選択することになるが、いずれも乗り換えが必要だ。

湘南深沢駅前に広がる開発予定地。画面奥を走るJR東海道本線に新駅を設ける構想がある(編集部撮影)

新駅が開業すれば、横浜・都内などをJR東海道本線が乗り換えなしで結ぶようになるほか、運賃面でもJRが優位に立つ可能性が高い。湘南モノレールにとって、他の交通機関との連携を強化することで、沿線住民や地域外からの来訪者の誘致につなげる必要がある。たとえば、MaaSの利用でモノレールと路線バスとの乗り継ぎ割引を適用するなど、より一層の工夫があってよい。

PASMO導入は、湘南モノレールをより前向きなマインドに進化させた。より一層の利便性向上とサービスの充実を通じて、他の交通機関に対する競争優位を是非とも確立したい。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。