JR新駅がカギを握る「湘南モノレール」の未来

昨年にはPASMO導入、利用者獲得に何が必要か

モノレールの湘南江の島駅は、江ノ島電鉄(江ノ電)線江ノ島駅、および小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅とともに、江の島観光の玄関口としての役割を担っている。

2017年度の湘南江の島駅の乗車人員は1941人で、これら3駅の乗車人員合計に占める湘南江の島駅のシェアは11.3%にとどまる(片瀬江ノ島駅1万968人・シェア63.6%、江ノ島駅4339人、シェア25.2%)ものの、尾渡氏は「(他の観光地よりも)江の島や鎌倉が選ばれて、お越しいただくことが大切だ。観光客に湘南モノレールをアピールするチャンスにすればいい」と前を見据える。

観光客に「速さ」をPR

こうした考えの下、2015年12月には、江の島地下道・片瀬江ノ島駅と江ノ島駅・湘南江の島駅を結ぶメインストリートに「速い! モノレール」と書いた看板を設置した。狙いは、江の島エリアと横浜駅・東京駅方面を結ぶアクセスルートとしての認知度向上にある。

江の島へ向かうメインストリートに設置した看板。「疲れた帰りはモノレールで楽に帰ろう」とPRする(編集部撮影)
湘南深沢駅前にはモノレール利用で料金が割引になる駐車場がある(編集部撮影)

また、湘南モノレール、東日本旅客鉄道(JR東日本)、および江ノ電が1日乗り降り自由の「鎌倉・江ノ島パス」の販売に協力し、エリアの回遊性向上にも一役買っている。

尾渡氏は「藤沢・鎌倉両市合わせて年間約3800万人の観光客を当社線に誘致することができれば、現状で約1100万人の乗車人員をさらに伸ばすことができる」とし、さらに「当社線の利用促進によって、観光客が集中する江ノ電の混雑緩和に貢献できる」と意気込む。

さらに尾渡氏は「江の島・鎌倉周辺の交通渋滞緩和でも貢献したい」とし、「その一環として、湘南深沢駅の乗降記録が残ったPASMO利用で、『タイムズ湘南深沢駅前』の駐車料金を100円割引するサービスも導入した」と説明する。

次ページ利用者増に向けた取り組み
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。