『攻殻機動隊』が子供番組に進出、版権ビジネスを狙う


 問題は、今後も断続的にオリジナル原作作品を生み出し、版権ビジネスを伸ばしていけるかどうか。

東アニの大山常務は、「商品が売れるどうかは作品次第。仕組みや商品化ありきでは、良い作品は絶対にできない」と断言する。実際、東アニと並ぶ業界の老舗、トムスエンタテインメントは『巨人の星』『ルパン三世』『アンパンマン』など人気作品を数多く抱え、版権収入も大きい。だがいずれも原作付きアニメで、オリジナル原作での成功例はない。「完全なオリジナルを作るほうが収益性が高いのは承知しているが、実際に作るのは難しい」と同社IR担当は打ち明ける。

難しいことはIGの石川社長も覚悟している。「頭でっかちな人は、いつも最短コースで成功することを考えている。でも世の中そんなに甘くない。エッジを効かせて良い作品を継続的に生み出していけば、ウィズさんのような相手と出会え、それが結果として版権ビジネスにつながることもある」。

石川社長にとって『ケータイ』は、「エッジの効いた作品」という意味で、他のIG作品と何ら変わらない。当初ウィズの横井社長は、IGと組むのだから当然アニメでやるものと考えていた。だが出た案は実写だった。「実写の玩具とアニメの玩具では、子供はどちらを喜ぶか。そりゃ実写でしょう」(石川社長)。アニメという決め球をあっさり捨てたのである。この選択こそ、石川流のエッジの効かせ方だったのだ。

子供向け版権ビジネスの第一弾である『ケータイ』はひとまず船出した。だが石川社長に“2匹目のどじょう”はない。続く第2弾はどんな手を繰り出してくるか注目だ。

企業データの詳細はこちら

(大坂直樹 撮影:田所千代美 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT