「従業員の離職率を下げるには?」(人事責任者)

城繁幸の非エリートキャリア相談

「従業員の離職率を下げるには?」(人事責任者)

終身雇用の崩壊、成果主義の導入などにより、日本人の「働き方」は激変。その結果、自身のキャリアに迷えるビジネスパーソンは増えていくばかりだ。これまでの古い「昭和的価値観」から抜けだし、新たな「平成的価値観」を身に付けるためにどうすればいいのか。日本の人事制度を知り尽くした城繁幸氏が、あなたの悩みにお答えします。

CASE:20

「従業員の離職率を下げるには?」(人事責任者) 

<相談者の悩み>

 こんにちは。創立8年目のベンチャー企業の人事責任者です。採用から人事処遇まで、HR(ヒューマンリソース)関係の総括的なポジションに着いています。業種はIT系のサービス業、従業員数は約120人前後と、一応の安定期に入っています。

 業績が伸びていることもあり、ここらで採用数を伸ばしたいところですが、当社のような知名度のない新興企業には、なかなか優秀な人材が集まりません。しかも一昨年あたりから、大手が大幅に求人を増やしていることもあり、昨年の新卒採用では、内定者の実に7割に辞退されるという事態に陥っています(まあこれは中小ならどこも共通の悩みでしょうが)。

 そうはいっても、毎年なんとかほぼ予定数を採れてはいるのですが、今度は早期退職の問題が続きます。当社の場合、新卒の3年内離職率は5割超、中途も平均勤続年数は3年未満と、歩留まりが非常に悪いのです。

 個人的には、ITという業種の特徴を考えると、人材はある程度の回転があった方が健全だと考えています。ただ実際問題として、人材育成やキャリアパス以前に、片っ端から人を補充しなければならず、中長期での幹部候補育成などは望むべくもありません。

 採用で苦戦するのは仕方ないとしても、せめて人材の定着率を上げられないものでしょうか?そもそも彼らが辞める理由とはなんでしょうか?若者から見た魅力ある会社作りのポイントがあれば、教えてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT