「従業員の離職率を下げるには?」(人事責任者)

城繁幸の非エリートキャリア相談

「従業員の離職率を下げるには?」(人事責任者)

終身雇用の崩壊、成果主義の導入などにより、日本人の「働き方」は激変。その結果、自身のキャリアに迷えるビジネスパーソンは増えていくばかりだ。これまでの古い「昭和的価値観」から抜けだし、新たな「平成的価値観」を身に付けるためにどうすればいいのか。日本の人事制度を知り尽くした城繁幸氏が、あなたの悩みにお答えします。

CASE:20

「従業員の離職率を下げるには?」(人事責任者) 

<相談者の悩み>

 こんにちは。創立8年目のベンチャー企業の人事責任者です。採用から人事処遇まで、HR(ヒューマンリソース)関係の総括的なポジションに着いています。業種はIT系のサービス業、従業員数は約120人前後と、一応の安定期に入っています。

 業績が伸びていることもあり、ここらで採用数を伸ばしたいところですが、当社のような知名度のない新興企業には、なかなか優秀な人材が集まりません。しかも一昨年あたりから、大手が大幅に求人を増やしていることもあり、昨年の新卒採用では、内定者の実に7割に辞退されるという事態に陥っています(まあこれは中小ならどこも共通の悩みでしょうが)。

 そうはいっても、毎年なんとかほぼ予定数を採れてはいるのですが、今度は早期退職の問題が続きます。当社の場合、新卒の3年内離職率は5割超、中途も平均勤続年数は3年未満と、歩留まりが非常に悪いのです。

 個人的には、ITという業種の特徴を考えると、人材はある程度の回転があった方が健全だと考えています。ただ実際問題として、人材育成やキャリアパス以前に、片っ端から人を補充しなければならず、中長期での幹部候補育成などは望むべくもありません。

 採用で苦戦するのは仕方ないとしても、せめて人材の定着率を上げられないものでしょうか?そもそも彼らが辞める理由とはなんでしょうか?若者から見た魅力ある会社作りのポイントがあれば、教えてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT