バンナムがあえて「リアル施設」を強化する狙い

ゲーム・アニメの世界に入れるMAZARIAとは

家庭用ゲーム関連市場では、ゲームソフトを買って遊ぶパッケージ型と比べて、スマートフォンでプレイする課金型のゲームの勢いが大きく伸びた。ただし、アーケードゲーム市場においては、ビデオゲームは1プレイ100円という相場が形成されている。そのため、電子マネーの普及を踏まえてもクレーンゲームなどのプライズゲームやネットワーク対戦ゲームなどの一部を除くと値上げが難しいという特性があり、ゲームセンターの減少も続くなど厳しい市場環境となっている。

とはいえ、アニメやゲーム・マンガとして生み出されたコンテンツを2次利用した展示会や、作品で使用された楽曲のライブ・コンサートの人気は極めて高く多く開催されている。このように、ゲームや音楽などの分野では、生み出された作品を基にしたリアルエンターテインメントも重視される時代になったといえる。

これらを踏まえ、今回MAZARIAに設置されたアクティビティはゲーム機というよりアトラクションの性格が強く、ゲームセンターとの差別化が図られている。いわば、アーケードゲームのノウハウを活用し、VR技術を使うことでテーマパーク等でのライド型アトラクションと比べ小型化した、旧来のテーマパークとゲームセンターが融合した施設であるともいえる。

SNSでの拡散も可能に

これまでのVR体験施設はその新規性で多くの人気を博してきたもののVRゴーグルを装着して楽しむため、来場者が楽しさを他の人に伝えづらく「体験した人としかその話題を共有しづらい」、という特性があった。

しかし空間演出に力を入れることでSNSを通じた口コミの共有などがしやすい環境を生み出しているといえる。同社も同施設を踏まえて水平展開の想定は当然にあると考えられるが、大型商業施設にとってもエンターテインメント施設を併設する際のモデルケースとなるのではと考えられる。

動きまわって楽しむアクティビティ「アスレチックVR パックマンチャレンジ」(筆者撮影)

また、池袋というポップカルチャーの中心地に立地することから、ほかのレジャー施設や店舗、レストラン等と相乗効果を生むような仕掛けが求められる。例えばハロウィン時期に商業施設全体で仮装を歓迎し、商業施設やレストランも利用できるような機会を設け、その際にMAZARIAやナンジャタウンも仮装で出入りできるようになれば、さらに広がりを見せると考えられる。

MAZARIAの開業が、サンシャインシティ全体での商業施設としての付加価値が高まるきっかけとなれば、ポップカルチャーの中心としての地位はさらに高まり、国内だけでなく、外国人観光客も増加するのではないか。今後の取り組みに期待したい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。