アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

『FACTFULNESS』が久々に1位に返り咲き

今週は、上位3冊がすべて入れ替わりました(画像:U-taka/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、7月7日~13日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『FACTFULNESS』が1位に返り咲き

今週(7月7日~13日)のランキングでは、前週5位の『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング著、日経BP)が1位に返り咲いた。7月11日に行われた、共著者の来日公演が影響した模様だという。

『FACTFULNESS』(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

2位は初登場の『転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方』(moto著、扶桑社)だった。本書の発売は8月9日で、予約開始後すぐに注文が集まったという。

3位は、前週315位の『経営者になるためのノート』(柳井正著、PHP研究所)だった。インフルエンサーである「マコなり社長」がYoutubeで紹介した影響と見られるという。

初登場ながら一気に6位につけたのが、『日本一稼ぐ弁護士の仕事術』(福永活也著、クロスメディア・パブリッシング(インプレス))だ。7月12日の発売日に、注文が集まったという。

次ページ以降、198位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。