アマゾン「売れているビジネス書」ランキング

「時間術大全」が1位、3位は前週ランク外の1冊

『時間術大全』の快進撃は続くのでしょうか(画像:muu/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、6月30日~7月6日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『時間術大全』が2週連続で1位を獲得

今週(6月30日~7月6日)のランキングでは、『時間術大全 人生が本当に変わる「87の時間ワザ」』(ジェイク・ナップ著、ダイヤモンド社)が2週連続で1位に輝いた。アマゾンによると、特定カスタマーによるまとめ買いが影響しているという。

『時間術大全』(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

2位には、前週3位の『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(トム・ラス著、日本経済新聞出版社)だった。特定カスタマーによるまとめ買いのほか、安定した人気も保っているという。

3位は、前週ランク外の『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。』(ほぼ日刊イトイ新聞著、株式会社ほぼ日)だった。Yahoo!ニュースに記事が掲載された影響と見られる。

前週244位から22位にランクアップしたのが、『「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる 東大作文』(西岡壱誠著、東洋経済新報社)だ。東洋経済オンラインの記事(「文武両道の東大生」の勉強法が効率的すぎた)の影響で、注文が集まった模様だ。

次ページ以降、198位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT