離婚とは違う「卒婚」という新しい夫婦のあり方

「自分の好きに生きたい」40代以降に急増中

支配的なパートナーのよく使う言葉には

「あなたのやることを見ているとハラハラ(イライラ)する」

「普通(常識)は、○○だ!」

「世間の人は、そう思う」

といった、相手にケチをつける基準が非常にあいまいな傾向があります。
また意見すると、激しい怒り、もしくは泣き落としと脅しを繰り返すといった特徴もみられます。さらには、ダブルバインドと呼ばれる2重拘束を押し付けてくることもあります。

「外へ出なさい。でも無駄使いはダメ」

「好きにしていい。でも家事には手を抜くな」

「仕事を持ちなさい。でも職場仲間と夜遅くまで飲みに行くなんてもってのほか」

依存に屈せず適切な距離感を築くためには…

このようなパートナーとの葛藤を軽減するためには、依存に屈しないことが大切です。そのためには、

・パートナーに言わないことがあってもよい
・パートナーのアドバイスをつねに求めない
・自分の意思で行動を決めていく

ことが大切です。そんなことをしても相手が変わらないと無理だ、私が我慢すればよいのだからと思っているなら、ご自身にも相手への依存があります。自分が関係性を変えようとしない限り何も変わりませんし、依存から抜け出せないのは、自分の責任でもあります。

自己主張と怒りは違いますし、考え方が違うのは裏切りではありません。
相手の感情に巻き込まれず、自分の信念を持ち、相手と適正な距離を保てる位置まで少しずつ、物理的、精神的に離れることが大切です。

卒婚を成功させるには、夫婦とはこうあるべきといった「べき論」を手放すことも必要です。そもそも夫婦は、1人の人間同士です。それぞれの思いがあり、価値観があり、考え方があります。お互いを認め合い、尊重することができれば、よりよい関係性を築いていくことができるでしょう。

自分の意思や気持ちを大切にし、相手も大切にするためには、関係性を変化させることを恐れず、心地のよい距離感を探っていくことが必要です。長い人生、快適なパートナーシップが育まれますように。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?