男性社員が女性社員を煙たがる本能的な理由

会社は「おじさんと女の子」でできている!?

専業主婦への道も、男性のルールで働く道も険しい

もちろん、それは女性たちにとっても同様です。現代では「専業主婦」はひとつのステータス。そこへ至る道のりはとても険しいものになりました。プライベートでも職場でも、ぐいぐい引っ張ってくれる「男らしい男」は絶滅したようにみえる。

それでは、と気を取り直して、頑張って働こうとすれば、男性たちが決めたルールにモチベーションを徐々に削り取られていく(まるでボディブローを浴び続けるボクサーのように)。

 女と男の双方が、昔のようにはいかなくなった現状に、モヤモヤとした気持ちを抱えています。

 多かれ少なかれ、良かれあしかれ、垣根がなくなり違いがなくなった女と男。これまで以上にお互いを知る必要が出てきたにもかかわらず、すれ違いと衝突を繰り返す女と男。

 次回以降は、具体的なテーマを設けながら、それぞれの言い分・心理について解説していきたいと思います。すべては、女と男がお互いを理解し、もう少しだけ「仲良くやっていく」ために!

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • iPhoneの裏技
  • 精神医療を問う
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT