スマホで敗れた「ノキア」が再び復活できた理由

大変革を率いた現役会長が語る激動の日々

――通信会社との関係に縛られていたのですね。

そもそも消費者の顧客は通信会社のもので、われわれのものではないと考えていた。アップルが「アップルID」でユーザーを囲い込んだように、われわれも「クラブ・ノキア」という仕組みを作ろうとしたが、通信会社からは反対された。

シラスマ会長は自ら起業した会社のCEOを務めた後、ノキア取締役に就任。起業家精神と客観的な視点でノキアを率いてきた(撮影:佐々木 仁)

一方、アップルは「iPhone」というまったく新しい製品から始めたため、通信会社のことを気にする必要はなかった。アップルIDの仕組みを作り、アプリストアを作った。ちなみにアプリストアの仕組みを最初に発明したのはノキアだ。いまだにアップルからは特許使用料が支払われている。

アップルはそうした仕組みを受け入れないなら、iPhoneを売らせないという姿勢だった。ただエンドユーザーがそれを求める以上、通信会社は扱わざるを得ない。このように新参者がルールを変えてしまう現象は今、どんな業界でも起こっている。

取締役会が機能しなくなっていた

――著書の中では、当時の取締役会の機能不全を指摘しています。

iPhoneやアンドロイドスマホが席巻し、ノキアのシェアが落ち始めた頃を振り返ると、現場の社員が把握していたスマホ市場に不可欠な情報を、単純に経営層が知らなかったことが大きい。成功にとりつかれた組織では、悪いニュースは上へと流れていかない。

例えばインドでは今、SIMカードを複数搭載できる「デュアルSIM」のデバイスが人気だ。時間帯によって、通信料金が安い方のSIMカードにボタン1つで切り替えられる。だがノキアの研究開発部門や経営陣は、費用がかかって利益を押し下げるとして対応しなかった。競合がデュアルSIMの製品を投入し、ノキアのシェアは激減した。経営層の耳に消費者の声が届かない組織構造になっていた。

次ページマイクロソフトとの交渉舞台裏
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。