参院選は政治家のイメージだけでなく顔も見よ

中島岳志とプチ鹿島が徹底的に語り合った

中島:2年前に希望の党が結成されたとき、僕がまさに床屋にいたら、「あれってなんか変だよね」とおじさん同士で話していました。政策的にマッピングしても、民進党の人たちが、小池百合子さんと組むのはおかしい。そう言語化できなくても「変だ」と思う感覚がある。あのときに「小池を担げば人気が出るのでは」と思った人たち以上に、庶民の実感は強く、それなりに信頼に足るものでした。

政策だけではなく「顔」も見極めることが重要

鹿島:おじさんはおじさん、おばさんはおばさん、それぞれの場所で人間をずっと見てきたわけで、「なんかおかしい」と思う直観はけっこう当たっていますよね。では、何が具体的におかしいのか、議論するのは政治家の仕事です。

中島:民主主義の基本の書と言われるアレクシ・ド・トクヴィルの『アメリカのデモクラシー』(1835年)という本があります。彼は、デモクラシーの本質は政治家の質に還元されないと考えていました。個人と国家との間の領域がどれだけ分厚いのかによってその質が左右されるのだと。

例えば昔のアメリカではみんな教会へ行き、宗教以外の話もしていました。その中で他者と折り合いをつけながらなんとかやっていくと、小さなパブリックが生まれる。それが政治の基礎要件であり、アメリカの共和主義に広がっていったというのが彼の理論です。

だから床屋のような領域は、デモクラシーにとって重要だと言えます。床屋政談でも自分の言いたいことだけを言っていたら嫌われますよね。

『自民党 価値とリスクのマトリクス』(スタンド・ブックス)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

鹿島:気楽な空間に見えて、自分の本音を100%話す空間ではない。相手の言うことも聞くし、必ずしも自分と同じ考えの人がいるわけではないことを知っている。

今、SNSで相手に直接たたきつけるような、刺激的な言葉が飛び交っています。床屋では絶対に言えないような言葉が、誰でも見える公的空間に出てしまう。もっと手前の場所でガス抜きができれば、SNS上のギスギスした言葉は減っていくと思うんです。しかし今は、その言葉遣いに政治家も乗っかっている状況です。

中島:床屋政談のようなものが失われているからこそ、広告的なイメージだけで判断するようになっているのかもしれません。政策だけではなく、彼らの「顔」も見極めることが、重要なのでしょうね。

(構成:山本 ぽてと)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT