参院選は政治家のイメージだけでなく顔も見よ

中島岳志とプチ鹿島が徹底的に語り合った

鹿島:ポスト安倍と言われた岸田文雄さんも、実は本を書いていなかったという。

中島:まったく書いていません。著作がないこと自体が、彼らの政治的スタンスと関わっています。岸田さんはよく言えばバランスが取れていて、悪く言えば風見鶏です。

鹿島:「優柔不断おじさん」ですね。「保守分裂」と言われた2019年の福岡知事選で、麻生太郎財務・金融担当相が推す候補の応援に入るか入らないか、その優柔不断さが記事になったくらいです。

安倍 vs. 石破の論点とは

中島:メディアでは「政策」よりも「政局」が注目されます。「細野豪志が、なんと自民党二階派に!?」と。まぁ、面白いとは思うのですが、ぜひ政策や理念、ビジョンも見てほしい。お金の配分(リスク)を縦軸、価値の問題を横軸にマトリクスを作成し、各政治家をマッピングしてみます。

(出所)『自民党 価値とリスクのマトリクス』(スタンド・ブックス)

例えば、前回の自民党総裁選を考えてみます。安倍さんvs.石破さんでしたが、「安倍に石破が盾突いた」といった政局的な話で終わってしまい、政策的な話はほとんどされませんでした。しかし政策的な論点はいくつもある。石破さんは安全保障についても、安倍さんとは異なる考え方をしていますし、とくに辺野古移設にも積極的ではない。

鹿島:世間では「軍事オタク」のイメージがありますけどね。

中島:そうそう。ですが日本は外交的に自立しろというタイプで、日米安保の地位協定を改定し、アジア版NATOが必要だと言っています。総裁選で沖縄問題は十分な焦点になったはずなんですけど、政局的な話になってしまった。議論の立て方はもう少し工夫してほしかったと思います。

マトリクスで整理してみると、安倍さんはパターナルでかつリスクの個人化を志向しているタイプ。石破さんはリスクの個人化は同じですが、考えは案外リベラルなタイプです。

次ページ政策を見たうえで、政局を見るとより面白い
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT