「今年の夏は猛暑か冷夏か」を読み解くカギ

気温は「平年並み」大雨や台風への備えを

あの強烈な暑さは今年もありえるのでしょうか?(写真:EKAKI/PIXTA)

日本列島が記録的な猛暑に見舞われ、「災害級の暑さ」となった昨年(2018年)の夏。最高気温35℃以上の「猛暑日」となった地点数は過去最多を記録し、熊谷(埼玉)では41.1℃を観測して国内における最高気温の記録を更新しました。東日本では昨年7月の月平均気温は、1964年の統計開始以来1位を記録。同月の熱中症による国内の死亡者数は、1000人を超えました。

気象庁は、昨年7月中旬以降の記録的な高温と、西日本を中心に大きな被害をもたらした「平成30年7月豪雨」は、「異常気象」だったとしています。

異常気象とは、「過去に経験した現象から大きく外れた現象のこと」であり、気象庁では「ある場所(地域)・ある時期(週、月、季節)において30年に1回以下で発生する現象」としています。

今年の夏は冷夏?猛暑?

一方、今年は活発な梅雨前線の影響で、昨年と同じ時期に九州を中心とする記録的な大雨となりましたが、気温については昨年のような猛暑にはならないと予想されます。

気象庁から発表された3カ月予報の平均気温によりますと、7月は北日本で平年並みか低い、東・西日本はほぼ平年並み、8月は北・東・西日本でほぼ平年並み、9月は平年並みか高いと予想されています。エルニーニョ現象発生期間中の夏ではありますが、今年は極端な冷夏も予想されてはいません。

次ページ今年の降水量は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。