データで監督・俳優を決定、Netflix制作の裏側

オリジナルコンテンツの制作にこだわる理由

いまや超巨大コンテンツへと成長した「NETFLIX」。成功へと登りつめたその戦略とは(写真:wellesenterprises/iStock)
アカデミー監督賞受賞の「ROMA/ローマ」から、リアリティ番組「KonMari〜人生がときめく片づけの魔法〜」まで、幅広いジャンルで話題作を生み出し続けるネットフリックス。その成功の秘密はどこにあるのか。ネットフリックスがハリウッド作品への依存から脱却し、オリジナルコンテンツの制作に乗り出した2012年の出来事をジーナ・キーティング著の『NETFLIX コンテンツ帝国の野望』から一部抜粋し再構成のうえお届けする。(文中敬称略)

ハリウッドとの蜜月の終わり

2012年までにネットフリックスの最高経営責任者(CEO)のリード・ヘイスティングスと最高コンテンツ責任者(CCO)のテッド・サランドスは、ハリウッドとの蜜月の終わりを確信した。ネットフリックスを阻止するために、映画スタジオ大手は最新DVDのリリースを遅らせると同時に、デジタル配信権料の引き上げに踏み切ったからだ。

映画スタジオ幹部の1人はロイターの取材に応じて「われわれはネットフリックスについてすっかり勘違いしていましたね。数年前にデジタル配信権を売ったときには、いずれ脅威になるかもしれないなんてこれっぽっちも思っていませんでした」と語っている。

ハリウッドからのコンテンツ獲得が難しくなり、ライバル勢が同じデジタル配信という土俵に入ってくると、サランドスとヘイスティングスはコンテンツ予算の配分先をコンテンツ獲得からコンテンツ制作へシフトさせ始めた。

オリジナルコンテンツへの最初の大型投資は、イギリスの政治テレビドラマのリメークだった。リメークを模索していたのは映画監督デヴッド・フィンチャー。『ソーシャル・ネットワーク』『セブン』などで知られ、アカデミー監督賞にノミネートされたこともある大物だ。

ドラマ初挑戦ということもあり、テレビ各局は一斉にフィンチャーにラブコールを送った。そんな中、ネットフリックスはどうにかして目立たなければならなかった。それまでに同社が自主制作したドラマは2012年配信の『リリハマー』という風変わりな作品しかなく、正面から張り合える状況ではなかったからだ。

フィンチャーは、ソニーのスタジオを借りて各社のプレゼンを聞こうとした。だが、サランドスは通常ルートを避けて、フィンチャーのオフィスを直接訪ねて売り込みをかけた。契約者データをフィンチャーに見せて、「ネットフリックスの予測アルゴリズムを使えば、多くの視聴者にアピールできます」と説明した。

次ページ『ハウス・オブ・カード』の成功
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。