データで見る「選挙余剰金」全議員の調査結果

余剰金の額や扱い、議員側の回答を一挙公開

共同取材チームは、これまで6本にわたる記事で「選挙運動費用の余剰金」をめぐる問題に迫ってきました(写真:KorArkaR/PIXTA)
選挙で余ったお金の使途が確認できない――。各候補の選挙運動費用の収支を分析すると、お金を余らせてその使い道を公開資料で確認できない現職議員が、衆参両院で260人を超えることがわかりました。調査対象とした議員460人の6割近くに当たります。取材記者グループ「Frontline Press(フロントラインプレス)」と日本大学・岩井奉信(政治学)研究室の共同取材チームは、これまで6本にわたる記事で「選挙運動費用の余剰金」をめぐる問題に迫ってきました。今回は、特設ページにて詳細な調査結果を公開します。
一連の報道はこちらのリンクにまとめています

主要政党では収入と支出が拮抗

共同取材チームによる調査を受け、東洋経済では詳細なデータを一覧できるビジュアルページを作成しました。各議員の選挙における収支、余剰金の額とその処理状況、そして取材チームの取材に対する議員事務所からの回答が掲載されています。

https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/electoralfund/

詳細データのページでは、名前や政党などさまざまな切り口から議員を検索し、各議員の余剰金額やその処理を確認できます。特定の政党や選挙区などを検索する際は、該当する議員の集計情報も見ることが可能です。元となったデータは、現職議員の選挙運動費用収支報告書および、政治資金収支報告書を共同取材チームが調査したもの。対象とした選挙は2014年12月の衆議院および2013年7月・2016年7月の参議院議員選挙です。

政党別に選挙運動における収支の内訳を見ると、公明党と共産党を除いて、ほぼ収入と支出が拮抗していることがわかります。実際の支出は公費負担によって軽減されるため、その分が余剰金となるケースが多いことが見て取れます。公費負担の分がそのまま余剰金となり、行方不明になるケースはすでに報じたとおりです

公明党と共産党を除いて、ほぼ収入と支出が拮抗していることがわかる
次ページ余剰金の扱いを規定する法律は存在しない
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。