「自殺した家族の葬儀」で直面する2つの苦労

日本では「毎年2万人以上」が自殺している

生々しい話で恐縮ですが、縊死の遺体は首に縄の跡がしっかりと残り、顔が変色していることもあります。この場合、薬液を血液に注入した後、首の皮膚を伸ばしてくぼみをできるだけ浅くします。そして特殊なパテでさらにそのくぼみを埋めて、周りの皮膚と一体化させます。

その後、生前に撮られた写真を基に、専用のファンデーションで皮膚の色を生前に近い状態に戻していきます。ここまでくれば、縊死の痕跡をかなり消すことができます。こうした処置を経たうえで、死因を急性心不全などの病名にして、葬儀を執り行うわけです。

遺族の負担を軽くする

また、エンバーミングによる自殺遺体の修復は、死因を隠すという機能以外にも、遺族の心理的ストレスを軽くするという効果もあります。変わり果てた遺体を見て、遺族は助けることのできなかった自分を責め続けます。そこで少しでも故人を生前の元気な頃の姿に近づけることで、遺族は最後に故人に何かをしてあげることができたという気持ちになれるわけです。

ポイント2:エンバーミング技術を持つ葬儀社を選ぶ

エンバーミングの費用は15万円前後ですが、問題はごく一部の葬儀社しかこの技術を持っていないということです。衛生面に配慮した専用の設備と、2年間の学習期間を経て試験に合格した資格保有者を持つ葬儀社でなければ行えません。そのためエンバーミングが施されるのは、日本の死亡人口の2~3%程度です。

万一のときのために、このエンバーミングの技術を持っている葬儀社を選ぶという選択肢があることを知っておくといいでしょう。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング