スマホ4000万台減でもファーウェイ制裁甘い?

売り上げ横ばい予想で遠のく過度な悲観論

ファーウェイは今年と来年の売上高を、横ばいの1000億ドルと予想している(撮影:梅谷秀司)

「こんなに厳しいことになるとは、事前に予想していなかった」

中国の通信機器大手ファーウェイの創業者である任正非氏が、アメリカ商務省による制裁について初めて弱音を吐いた。

任氏は6月17日、著名エコノミストのジョージ・ギルダー氏とマサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボ創設者、ニコラス・ネグロポンテ氏と中国・深圳のファーウェイ本社で対談した。対談の模様はファーウェイのホームページで配信された。

ファーウェイは当初、強気だったが…

アメリカ商務省は5月、輸出管理規則に基づいてファーウェイに禁輸措置を発した。これにより、アメリカ企業は実質的にファーウェイへの輸出ができなくなった。アメリカ企業の製品や技術が25%以上含まれている場合、日本を含めたアメリカ以外の企業もファーウェイへの輸出が事実上できなくなる。

アメリカ商務省はアメリカ国内への影響を緩和するため、制裁措置の一部を90日間猶予すると発表している。ただ、すでにインテルやクアルコムなどのアメリカ半導体大手がファーウェイへの供給を停止したとされる。ファーウェイ製のスマートフォン(スマホ)は、グーグルが提供するオペレーティング・システム(OS)「アンドロイド」を使えなくなる可能性がある。

ファーウェイは当初、中国中央テレビなどのインタビューに対し、「(アメリカ政府の制裁に)大きな意味はない」「会社がマイナス成長になることはない」(任氏)と強気の姿勢を見せていた。

ただ、OSの使用ができなくなることやサポート体制への不安から、世界各国でファーウェイ製スマホの販売が中止になるケースが出始めている。日本国内ではファーウェイジャパンが6月21日から「ファーウェイサービスデー夏の感謝祭」を始める。端末の点検やグッズ配布などを行い、スマホの販売促進やユーザーの囲い込みを図ろうとしている。

次ページ今後2年間で売り上げは300億ドル減少する
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT