長期投資でも実はアクティブ投信が有利な理由

インデックス投信を過信すると痛い目に遭う

例えば、1万円が5000円に値下がりしたときの下落率は50%ですが、5000円まで値下がりしたものを1万円まで戻そうとしたら、100%の上昇率が必要になります。

ところが本来、インデックスファンドでは50%下落するはずだったのが、あるアクティブファンドはリスクマネジメントの妙によって30%しか下がらなかったとしましょう。これを元の価格である1万円まで戻すなら、上昇率は42.9%で済むのです。これが積み重なっていけば、長期的にアクティブファンドの運用成績が、インデックスファンドのそれを上回ることも考えられます。

リスクマネジメントがされているファンドとは?

ポートフォリオの大半はグローバルに分散投資するインデックスファンドであるけれど、日本株アクティブファンドを一部に組み入れたいと考えている人もいると思います。

ではどういうアクティブファンドを選べばいいのかについては、さまざまなスクリーニング(ふるい分け)条件がありますが、こと運用成績については、最低でも過去5年のリターンをチェックして、下降トレンドのときに大きく下げないようなファンドを見つけるようにしてください。

『いま選ぶべきアクティブ投信この8本!』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

投資信託の運用成績というと、どうしても一定期間中に高いリターンを上げているかどうかという点ばかりに目が行きがちですが、大事なのは下降トレンドのときに、いかに大きく下げずに踏ん張れているかということです。その点では「騰落率」という結果よりも、過去の基準価額の推移を見るようにしましょう。

また、最低でも過去5年の運用成績はチェックしたいので、新規設定ファンドは最初から対象外です。銀行の窓口などに行くと、その時々の新規設定ファンドをお勧めされますが、アクティブファンドで過去の運用成績を持たないものを選ぶのは、非常にリスキーであることを最後に付け加えておきます。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT