長期投資でも実はアクティブ投信が有利な理由

インデックス投信を過信すると痛い目に遭う

「長期投資ならインデックスファンドを買っていれば大丈夫」は、本当に正しいのか。「えっ?減ってる?」ということだって、あるかもしれない(写真:hanack / PIXTA)
投資信託について、識者の間では「長期ならインデックスファンド(株式指標の値動きに連動する投資信託)は、アクティブファンド(運用担当者が独自に株式、債券などを組み合わせる投資信託)より有利」という見方が定説になりつつある。しかし、それは本当に正しいのか。セゾン投信の中野晴啓社長に話を聞く。

「アクティブファンドとインデックスファンド、どちらがよいのか」

日本の投資信託界隈では、数年来、この手の論争が繰り返し行われてきました。ただ、この問題は宗教論争のようなものですから、今も話の決着はついていません。

結論から申し上げれば、「どっちがよい」と割り切れる話ではないはずなのです。

「アメリカでは長期で見ればアクティブファンドは、インデックスファンドに勝てないと言われている」という声も聞こえてきますが、それはあくまでもアメリカでの話。日本の株式市場に当てはめたとき、同じことが言えるかどうかは何とも言えません。しかし、少なくとも平成の30年間で考えれば、日本の株式市場のインデックスファンドに投資しても、利益が出ないどころか、マイナスリターンで終わっています。

30年といえば十分に長期です。長期的に見てインデックスファンドのほうが有利だという人は、この事実を踏まえたうえで「インデックスファンドのほうが有利である」ということを証明しなければなりません。

上昇時はインデックスファンドの独壇場だが…

株価に限らず、マーケットはつねに「上昇トレンド」「下降トレンド」の繰り返しです。そして、その間にトレンドがほとんどない「保ち合い」の状況が続きます。

このように、相場にはさまざまな局面があるわけですが、インデックスファンドは基本的に上昇トレンドで強みを発揮します。相場全体が力強く押し上げられる局面は、インデックスファンドの独壇場ともいえるでしょう。実際、右肩上がりの相場が続くのであれば、わざわざ銘柄を選別する意味がありませんから、全財産をインデックスファンドに置いておけば、十分なリターンが期待できます。

次ページ下落時のリスクマネジメントがなぜ大切なのか
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。