『異常に転勤が多い会社に困っています』(34歳・男性)

城繁幸の非エリートキャリア相談

<城繁幸氏の診断>

診断:『日本式の雇用調整術』

 長いこと、日本では年功序列と終身雇用が二本柱として機能してきました。多少ガタがきているものの、今でも多くの企業はこれを貫いていますね。初任給から横一列でスタートし、30代後半で管理職という定番コースは、今も昔も変わりません。

 ただし、すべての人間が順調にこのコースに沿ってキャリアパスを昇っていく時代は、大方の企業において、既に終わっています。ずっと成長を維持できている企業でなければ、ポストなんて回ってこないんですね。結果、課長→部長と出世できるのはごく一部、その他大勢の人間は、おそらく平社員として定年を迎えることになるでしょう。

 一般的な年功序列型の制度であれば、上記の流れに沿って上に引き上げる幹部候補と、そうでないその他の選別は、30代前半には既に終わっているはずです。

 さて、人事的な立場から見た場合、この選抜から漏れてしまったグループは、少々特殊な集団であると言えます。彼らは序列で言うと、それ以上は上にいくわけではありません(選抜から漏れてしまったわけですから)。かといって、大方の企業では定期昇給もないでしょうから、昇給という意味でも横ばいなわけです。一言で言うと、定年まで飼い殺しなんですね。

 これは働く側からしてみれば、日々のモチベーションを維持するのすら困難な状況でしょう。もう出世がないからといって、仕事の量が減るわけではないのですから。ただ、経営側からすれば、このグループは上昇志向もない、しかも人件費自体も20代に比べるとそれなりに割高という、なんとも有難くない存在なわけです。

 では、残った30代社員をどうするか……。表立ってのリストラはできないので、自発的に離職を促す以外にはない。そう、理由のわからない転勤や出向命令は、日本式の雇用調整術なんですね。実際、30代半ば以降、何らかの形で離職率を意図的に引き上げている企業は、全体の過半数にのぼるはずです。余裕のある企業は、それが“早期退職優遇制度”であり、余裕のない企業は“転勤たらいまわし”であるというわけです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング