『異常に転勤が多い会社に困っています』(34歳・男性)

城繁幸の非エリートキャリア相談

処方箋:『これはどう考えても転職でしょう』

 「なんてひどい話だ!」と思われるかもしれません。書いてる私もそう思います。でもこれが、年功序列制度の本質なんですね。人の値段は年齢で決まるのです。

 考えてみれば、このシステムでとばっちりを受けるのは、企業側も同じです。働き盛りの30代を人為的に飼い殺しにし、モチベーションを奪っているわけですから。まして求人難の今、貴重な中堅社員を減らし、採用予定数確保もままならないであろう20代に置き換えているわけですから。本当だったら、30代40代が胸を張って活躍できるシステムに変えるべきでしょう。

 誰もがキャリアパスを上がれた時代ならば、年功序列制度は合理的だったかもしれません。でもそんな時代が終わった以上、こんなシステムは壊した方が良いのです。年齢という不可抗力な要素ではなく、能力という(ある程度は)努力の反映される要素で待遇を決めるシステムに、一日も早く移行すべきでしょう。

 とはいっても、それが実現する日はまだまだ先のはずです。とりあえず自分のキャリアは自己防衛する以外にありません。

 幸い、不動産関係の求人は堅調に推移しています。特に都内は種類も豊富ですから、この機会により民主的で合理的な制度の企業に転職されることをおススメします。30代でも応募可能な企業なら、まずは問題ないでしょう。

 最後に一つ。「そうはいっても会社に残った方が後々安心だろう」という考えもあるにはあります。ただ、個人的な経験から言うと、こういう荒業を平気で使うような企業は、業績が陰るやいなや、もっとえげつない手段を平気でとってくるはずです。もしそれが40代50代だとしたら。おそらく転職の選択肢は、今よりもはるかに狭くなるはずです。

 今、この時代、この年齢だからこそ選択できる機会を、有効に使ってください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現地ルポ<br>アメリカ・若者たちの反乱

Z世代、ミレニアル層と呼ばれる米国の若者が大きく揺れている。従来の保守、リベラルの枠組みを超えて右と左に分裂、新しい政治運動を推し進めている。彼らの受け皿となっている新・社会主義、リバタリアニズムの現場をリポート。

  • 新刊
  • ランキング