定年後が忙しい、84歳のとにかく柔らかい発想

"現役プログラマー"の世界の広げ方

更別を案内してくださっていた方が、連れていってくださったのが、「紫竹ガーデン」のレストランでした。紫竹ガーデンは紫竹昭葉さんが、60歳を過ぎてから耕作放棄地を利用して作った1万5000坪の広大なお花畑です。その一角にあるレストランでは、まさに「お花畑で朝食を食べる」という体験ができるのです。

「1日中、お花と遊んでいたい」。そんな思いで紫竹さんが手をかけ続けたお花畑は、いつしか約2500種もの花が季節ごとに咲く大人気のガーデンになりました。今や年間10万人以上のお客さまが訪れるのだとか。お花が好きだという気持ちが、町の活性化につながったというすばらしいケースです。

紫竹さんは1927年生まれ。今でもお元気で、レストランに顔を出されていました。お花のついたお帽子に花柄プリントのブラウスをお召しになって、とってもおしゃれなんです。90歳を過ぎても好奇心旺盛で、私の作ったアプリ「hinadan」を紹介したらその場で遊んでくださったんですよ。

「子ども食堂」のお手伝いも素敵

こんなに大規模な取り組みでなくても、地域に貢献することはできます。例えば、「子ども食堂」のお手伝いをすること。子ども食堂は、地域住民や自治体が主体となって、子どもたちに食事を提供するコミュニティーの場です。今は全国に2300カ所ほどありどんどん増えています。朝ごはんや晩ごはんを当たり前に食べることができない子どもたちに、無料または数百円で食事を出しているのです。これも、地域密着の活動です。

『独学のススメ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

探してみると、退職後の活動の場はいろいろ見つかると思います。最初のきっかけは「近所に拠点があったから」「町内会長さんに誘われたから」といったことでもいい。やっているうちに「もっとITのことが知りたい」「子どもの貧困問題を解決したい」と、やりたいことが生まれてくるかもしれません。

そうしたら、改めて勉強するのです。高校や大学でやらされていた頃の勉強とは違い、自分の興味から学ぶこと。それは本物の「独学」になりえます。学ぶということは、机に向かっていなくてもできます。こういう活動の中からでしか学べないこともたくさんあります。地域のこと、イマドキの若者、子どもたちを知る機会になりますね。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT