10万円の「アート」の値段が5倍にもなる理由

日本人が知らない現代アート投資の実態

それまでの美術史を覆すような発想に、いやこれもアートではないか、と誰かが共感したんでしょう。アートの持つ価値を、それまでの目で鑑賞する美しさから、何を表現するかという考え方、コンセプトの面白さに大転換してしまいました。アートはかくあるべしの概念を広げちゃったんです。

「共感力」に評価の軸が移りつつある

──でも現在進行形の無名の才能を素人が発見するのは超困難では。

徳光健治(とくみつ けんじ)/1965年生まれ。山口大学経済学部卒業後、双日、アーサー・アンダーセン、サイバードを経て、2008年当社設立。アジア最大級の現代アート販売サイト運営のほか、東京・銀座にギャラリースペースを構える。若手プロが活躍できる環境作りに注力中。(撮影:佐々木 仁)

少なくとも美術に関する基本的知識や情報、その作家についての下調べは必要ですね。その作品が美術史の文脈上新しいかどうかを見分けるギャラリーや美術館、キュレーターや有名コレクターなど、世間に提示する場に持っていける人がいなければ、その作品は埋没してしまうかもしれない。例えばある一般人が、キャンバスをサッと切り裂いただけの作品を「これはすごい!」と思ったとする。でも数を見てきて美術史を知っている人間からすれば、そんなの珍しくも何ともない。

いちばん大事なのは作品=作家という視点です。その作家がどんな人物か、過去の作品から進化しているか、新しくチャレンジしているか。何より、環境に合わせて自分を柔軟に変える才能があるか。時代を代弁していてこそ価値がある。例えばチームラボの作品は、リーダーの猪子寿之さんをリスペクトして彼の将来に賭けて買われている。だから世界4大ギャラリーの1つ、ニューヨークのペース・ギャラリーで初日完売なんです。

──難解・複雑なコンセプトを評価する時代はいずれ終わる、とも。

共感力のほうに評価の軸が移り始めています。コンセプトはより難解・複雑であったほうがいいと考える時代があった。けど徐々にアートを作る人が増えアートが民主化されていくと、よりわかりやすいものが理解されやすい。キュレーターやニューヨーク・タイムズの論評が評価を下すような “ミシュラン的”なものより、 アート好きが集まって加点する“食べログ的”な評価が尊重されるようになる。アートの民主化ですね。

売れないけどよい作品という考え方は、時代と資本主義の流れから崩れつつあって、売れない作品=将来的価値が認められない作品、売れる作品こそよい作品という理屈が当然になっていくでしょう。

次ページ今のうちに日本の現代アートを買うべし
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。