女子高生はなぜ「なんちゃって制服」を着るのか

タイトミニスカートの「韓国風」制服も人気

また、ある女子高生は「制服なら服のセンスもバレないし、SNSに上げてもあれこれ言われない」と話していました。友人と遊びに行くと必ずプリクラや自撮りをInstagramにシェアする彼女たちにとって、服装や小物のコーデは失敗できません。制服ならアレンジするにしても、リボンやネクタイを足したり、セーターの色を変えたりするぐらいしかできないため安心です。

学校以外の制服はセーラー服や韓国風も

調査では、女子高生の約4割が「制服に関する校則やデザインを重視して学校を選んだ」と回答しています。とはいえ、自分の学校以外の制服にも憧れます。「なんちゃって制服を購入したことがありますか?」との質問に28.1%の女子高生が「ある」と答えています。

現在ではブレザータイプが主流の制服ですが、502人のうち120人が「セーラー服を着てみたい」と答えていました。自分の持っている制服と違うタイプという理由が大きいとは思いますが、いかにも制服というデザインも心をくすぐるのでしょう。

なんちゃって制服というと、ドン・キホーテなどで売られているコスプレを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、大手制服メーカーも販売しています。人気の学生服ショップの1つである「CONOMi」は、Instagramでもさまざまな制服コーデを紹介しています。

韓国制服レンタル S.S.U.(公式Instagramより)

また、10代を中心に巻き起こっている「第3次韓流ブーム」は制服にも影響しています。調査では43人の女子高生が韓国風の制服を着てみたいと答えていました。韓国風、オルチャン風と呼ばれる制服は、ベストにラインが入っており、リボンは細いヒモ、プリーツのないミニスカートといったパターンが目立ちます。日本と大きく違うのは、シルエットが全体にタイトに仕上げられていることです。

カンコー学生服が運営する「カンコーオンラインショップ原宿セレクトスクエア」では、オルチャンスタイルの制服「SweetTeen elite」を2019年2月から販売しています。また、レンタル業を開始している企業もいます。「韓国制服レンタル S.S.U.」は、ベストやスカートを3泊4日で借りられるので、友人と遊びに出かけることができますね。制服のレンタルは韓国にもあり、レンタルショップ「NUGUNA」は韓国旅行での人気スポットです。

制服姿のアイドルグループの衣装や青春ドラマの制服に憧れる女子高生もいました。こうして考えてみると、かわいい制服を目にする機会はあちこちにありますね。

女子高生ブームが起きた1995年頃には、ルーズソックスが鉄板でした。ギャルファッションもはやっていて、渋谷109が女子高生の象徴のようなショップでした。その手にはスクバ(スクールバッグ)があり、スカート丈が一気に短くなったのもこの時代です。

もっとさかのぼると、スケバンやツッパリがはやった時代があり、スカート丈もくるぶしまで伸ばしている人が多くいました。上下のバランスを取るためか、セーラー服の丈を短く詰めている人もいましたね。

現在は一時期ほどスカート丈は短くなくなり、靴下は黒や紺のショート丈がはやっています。バッグは大きなバックパックを下げ気味にして持っています。また縦が少し長めの長方形になっているショルダーバッグも根強い人気があります。女子高生たちの強い味方である制服は、ずっと時代を映していくのでしょう。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • フランスから日本を語る
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。