中国は関税引き上げで米中協議を止めるのか? 

劉副首相は予定通りアメリカを訪問するのか

 5月5日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によると、中国はトランプ米大統領が中国製品に対する関税引き上げを表明したことを受け、今週予定している米中通商協議を取りやめることを検討している。写真はホワイトハウスで、トランプ氏の話に耳を傾ける中国の劉鶴副首相(左)。4月撮影(2019年 ロイター/Jonathan Ernst)

[5日 ロイター] - トランプ米大統領が中国製品に対する関税引き上げを表明したことを受け、中国は今週予定している米中通商協議を取りやめることを検討している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が5日、関係筋の話として報じた。

トランプ大統領はこの日、2000億ドル相当の中国製品に対する関税を10日から現在の10%から25%に引き上げると表明。現在関税を課していない3250億ドル相当の中国製品についても、近く25%の関税を発動する考えを示した。

WSJによると、今週の協議が取りやめになるかどうかは、中国の劉鶴副首相が予定通りワシントンを訪問するかに左右される。関係筋はWSJに対し、協議の取りやめは脅しの下で交渉しないという中国の方針に合致するとの見方を示したという。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。