子供が進級したら死亡保障額を見直す良い機会

「かけすぎ生命保険」をスリム化する見直し術

子供の進級時など、生命保険はしっかり見直したい。過剰な保障額になっていたら減らすべきだ(写真:KAORU / PIXTA)

子どもが生まれたのを機に生命保険に加入した、あるいは加入していた保険を見直した、という人は多いでしょう。ここでいう生命保険は、死亡時に保険金が下りる保険(死亡保障)のこと。配偶者や子どもを扶養している人の「もしものとき」に、遺された家族が経済的に困らないようにするための保険です。

では、子どもが「進級した」のを機に生命保険を見直した、という人はどうでしょうか。実は、進級・進学の多い春先は、生命保険の負担を減らせるチャンスです。保障額を見直したりして、保険料を節約できるのです。

会社員の夫に先立たれたとき、妻がもらえるお金は?

生命保険(死亡保障)は、遺された家族が経済的に困らないように加入するものです。例えば専業主婦の家庭で子どもが2人という4人家族の場合、夫が死亡すると家族3人は困ってしまうので保険に入る、というのが普通です。

さて、保険に入るのが「普通」だとしました。でも、縁起の悪い話ですが実際に夫が亡くなったとして、遺された家族はどれくらい困るでしょうか?40歳の会社員の大島さん(仮名)一家を例に、見ていきましょう。

大島さんは専業主婦の妻(40歳)、長男(10歳)、長女(8歳)との4人家族です。妻が専業主婦ということもあり、大島さんは「自分が亡くなったら家族は路頭に迷う」と思っているようですが、もし大島さんが病気で亡くなった場合、実は大島家にはいろいろなお金が入ってきます。

次ページ大島家の毎年の収入は、もろもろでどれくらいになる?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?