なぜ、インド人はサムスンを買うのか?

ジャパンクオリティという病。

「品質」「コンパクト」にこだわる必要がない

3つめの理由は、アフターサービスがいいイメージがある、と言う。

壊れない製品じゃなくても、すぐ直しに来てくれればいい、というのだ。

サムスンのアフターサービスはみんな利用したことがあるようだった。

そして、口を揃えて言うのが、彼らは来るのが早いということ。

さらにインドでは、お手伝いさんがいることが珍しくないので、

仕事で外出していても修理に対応できる。

過去にそういう経験を持っている人が多いため、

品質の高さにはそこまでこだわらないのが現状のようだ。

 

インドのキッチンは広い。

コンパクトなものが必ずしも好まれるということはない。

いつも冷蔵庫に入ってるものは、野菜ではなくヨーグルトだったりする。

彼らは主食としてヨーグルトを食べるからだ。

なんでも出来る機械にすることや、求められていない機能を伸ばすことは、かえって複雑な印象を与えてしまうことも。

家電に限らず、日本製品、サービスの広告に高い確率で見られる「ジャパンクオリティ」という言葉。黄門様の印籠のような感覚は、もう昔の話。かもしれない。

 

家電の話を一通り聞いて、もう1つわかったことがあった。

そんなにホームパーティしてるなら、ぼくを呼んでくれよ、と。

みんなのこと盛り上げますよ、ジャパンクオリティで。

電通インドの年末はっちゃけアウトドアパーティ!
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。