米S&P500とナスダック最高値、企業決算を好感

景気減速懸念が緩和、ヘルスケア株も反発

 4月23日、米国株式市場は幅広い銘柄に買いが入り、S&P総合500種とナスダック総合が終値としての過去最高値を更新した。2018年11月撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 23日 ロイター] - 米国株式市場は幅広い銘柄に買いが入り、S&P総合500種とナスダック総合が終値としての過去最高値を更新した。一部企業決算が好調だったことで、景気減速懸念が緩和したことが背景。

S&P500の最高値更新は昨年9月20日以来。米連邦準備理事会(FRB)のハト派姿勢や米中貿易協議の進展期待に加え、第1・四半期企業決算の好スタートが後押しし、年初来では17%上昇している。

チェリー・レーン・インベストメンツのリック・メクラー氏は「S&Pを押し上げている要因の一つは、新たな高値を付けるとの一般的な考えだ」と指摘。今週後半も続く決算発表で、高値を更新する可能性があると予想した。

週内に決算を発表するアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>が1.9%高で、S&P500とナスダックの上昇をけん引した。

S&P主要11セクターのうち10セクターが上昇。ヘルスケア株<.SPXHC>が反発し、1.6%高で上昇率トップだった。米政府による政策懸念からここ2週間で6.7%下落していた。

主要消費財株<.SPLRCS>は唯一マイナスで取引を終了。投資家がよりリスクの高い銘柄を求めた。エネルギー株<.SPNY>や公共事業株<.SPLRCU>も上げ幅は小さかった。

ツイッター<TWTR.N>は第1・四半期決算の売上高が市場予想を上回り、月間アクティブユーザー数(MAU)が予想外に増加したことを受け、15.6%高となった。[nL3N2253T8]

玩具メーカーのハスブロ<HAS.O>も決算を好感し、14.2%上昇した。

コカ・コーラ<KO.N>は「コカ・コーラ・ゼロ」 への強い需要を背景に四半期売上高が予想を上回ったことから、株価は1.7%上昇した。[nL3N225465]

ロッキード・マーチン<LMT.N>は5.7%高。第1・四半期決算はミサイルと戦闘機の需要が堅調だったことが追い風となり、予想を上回る47%の増益となった。好調な四半期決算を受け、通年の業績見通しを上方修正した。[nL3N2253JH]

一方、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は2.6%安。第3・四半期は営業利益率が低下した。

ニューヨーク証券取引所では、値上がり銘柄数が値下がり銘柄数を2.91対1の比率で上回った。ナスダックでは2.82対1の比率で値上がり銘柄数が多かった。

出来高は67億5000万株。過去20営業日の平均は66億4000万株だった。

 

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 26656.39 +145.34 +0.55 26513.8 26695.9 26503.5 <.DJI>

3 6 6

前営業日終値 26511.05

ナスダック総合 8120.82 +105.56 +1.32 8026.75 8128.88 8023.81 <.IXIC>

前営業日終値8015.27

S&P総合500種 2933.68 +25.71 +0.88 2909.99 2936.31 2908.53 <.SPX>

前営業日終値2907.97

ダウ輸送株20種 11003.09 +26.03 +0.24 <.DJT>

ダウ公共株15種 772.93 +1.99 +0.26 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1574.05 +15.76 +1.01 <.SOX>

VIX指数 12.32 -0.10 -0.81 <.VIX>

S&P一般消費財 953.40 +11.47 +1.22 <.SPLRCD>

S&P素材 361.14 +1.58 +0.44 <.SPLRCM>

S&P工業 663.44 +5.84 +0.89 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 584.46 -0.67 -0.12 <.SPLRCS>

S&P金融 455.13 +2.64 +0.58 <.SPSY>

S&P不動産 219.99 +2.43 +1.12 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 507.26 +0.18 +0.04 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1010.15 +15.86 +1.59 <.SPXHC>

S&P通信サービス 168.60 +1.43 +0.85 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1383.91 +15.43 +1.13 <.SPLRCT>

S&P公益事業291.39 +1.08 +0.37 <.SPLRCU>

NYSE出来高8.65億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物6月限 ドル建て 22355 + 115 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物6月限円建て 22335 + 95 大阪比 <0#NIY:>

 

 

 

 

(S&Pセクター別指数は関連コンテンツでご覧ください; リフィニティブデータに基づく暫定値です。前日比が一致しない場合があります)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。