部下の「適性ないから辞める」は上司に原因あり

新入社員の早期離職は彼らだけの責任でない

なぜ入社直後の新人が辞めてしまうのでしょうか(写真:shironagasukujira/PIXTA)
「1つの会社にはせめて3年はいるべき」と言われていたのも昔のこと。近年、「合わない」と思ったら即離職、という人も珍しくない。極端な例では、「新入社員がたった1日で辞めてしまった」などの話も耳にする。しかし、それでは困るのが会社側。早々に辞められてしまっては、採用や教育にかけたコストが水の泡だ。
どうすれば新入社員の離職を防げるのか? 職場のメンタルヘルス・コミュニケーション対策の第一人者にして、産業カウンセラーの渡部卓氏の著書『人が集まる職場 人が逃げる職場』の内容を一部抜粋し、再構成のうえお届けします。

新入社員の早期離職は大問題

人手不足が叫ばれる今、若手社員を中心とした早期離職の問題は深刻です。実際に私のもとに寄せられる相談の中にも、「自分と仕事とのミスマッチを感じ、会社を辞めていく」というケースが後を絶ちません。

多く聞かれるのは「仕事がうまくいかず、失敗ばかり。自分にこの職業は向いていなかったんだ」「この場所では自分の能力を活かせない。もっと活躍できる場所があるはずだ」といった理由です。

前者は、仕事を続けていく自信をなくし、不安に耐えかね、「これ以上周りに迷惑をかけるのも申し訳ないし……」と辞めていくケースです。ひどい場合だと、「自分は無力だ、ダメな人間だ」と自己肯定感をなくし、うつ病になってしまう人もいます。

また、なんとか仕事をこなそうと残業や休日出勤をしたり、自宅に持ち帰って仕事をしたりした結果、心身を壊して働けなくなってしまう人もいます。

後者は、仕事にやりがいや楽しさ、刺激を感じられずくすぶり続けた結果、辞めていくケースです。職場次第でその人材の能力を引き出し、存分に活躍してもらえた可能性もありますから、本人と職場双方にとって不幸なことでしょう。

次ページ原因は「適性の有無」ではない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT