「太らない体」をつくる食事の取り方超基本

抑えるべきは摂取エネルギー量と血糖値変動

運動する日は、夕食でも通常どおり糖質を取りましょう。できれば帰宅後、おにぎりなどを食べて全力を出すためのエネルギーを満たし、夕食前(糖質は献立から抜く)に運動すると余剰エネルギーを減らせるので、なお効果的です。ただし糖質は、すぐに使わないと脂肪になりやすいため、運動の30~60分前までに食べることをおすすめします。

夕飯で糖質を抜いてもいいのですが「食べられないストレス」で「続かないリスク」が高まりやすいので、無理は禁物です。運動しない日は少量にするだけでもいいでしょう。

食べる順番は?

糖質の選び方や食べる順番にはコツがあります。

糖質を多く含むものばかり先に食べると、血液中の糖(血糖)の値が一気に上昇します。すると急上昇した血糖値を正常に戻そうと、多量のインスリンが分泌されることに。インスリンには脂肪の合成を高め分解を抑制する力があるため、分泌されるほど太りやすくなるわけです。

GI値(グリセミック指数)とは、食べたあとに血糖値が上がるスピードを食品ごとに数値化したもので、高い食品ほど血糖値が急激に上昇します。逆にGI値の低い食品を取っても血糖値の上昇は緩やかで、インスリンが過剰に分泌されることもありません。

またGI値の低いものを先に食べておくと、次に高GI値のものを食べても血糖値は上がりにくくなるといわれています。同じメニューでも低GI値のものから食べれば、脂肪がつくリスクが低くなることが期待できるでしょう。

一般的には白米よりも玄米、うどんよりもそばなど、見た目が白いものより茶色のものはGI値が低い傾向にあります。「何を食べるか」「何から食べるか」だけで太りやすさに違いが出るのだから、ぜひ実践したいところです。

朝はエネルギー源となる糖質を適量取ることで、その日の仕事や勉強に備えたいものです。そしてタンパク質も卵などで必ず取ることをおすすめします。ちなみに卵は1日2個までといわれ続けてきたのですが、その制限は撤廃され始めています。食事で摂取するコレステロールの量と血中コレステロール値の関係性を示す十分な科学的データはないからです。

ただし調理で油を使う場合はパンのバターは控え、物足りないときはカッテージチーズやチェダーチーズなど、低糖質のチーズを乗せてもいいでしょう。時間のない朝は果物だけでもOK。果物の糖質には神経質にならず、新鮮な季節のものを選んでください。

次ページ飲酒の翌朝は何を食べる?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT