マネーフォワード、仮想通貨事業参入を延期

金融庁への仮想通貨交換業の登録手続き中止

 4月15日、自動家計簿サービスを手掛けるマネーフォワードは、100%子会社のマネーフォワードフィナンシャルによる仮想通貨関連事業への参入を延期すると発表した。写真はサラエボで昨年2月撮影(2019年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京 15日 ロイター] - 自動家計簿サービスを手掛けるマネーフォワード<3994.T>は15日、100%子会社のマネーフォワードフィナンシャルによる仮想通貨関連事業への参入を延期すると発表した。仮想通貨マーケットの冷え込みによる収益性の悪化と、マネーロンダリング防止対策など体制整備に伴うコスト高が理由。ブロックチェーン技術の研究は継続する。

金融庁への仮想通貨交換業の登録手続きは中止する。マネーフォワードは同日、特別損失6139万円を計上した。

マネーフォワードフィナンシャルは、金融庁出身の神田潤一氏が社長に就き、交換業への登録を目指していた。

 

(和田崇彦)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT