マネーフォワード、仮想通貨事業参入を延期

金融庁への仮想通貨交換業の登録手続き中止

 4月15日、自動家計簿サービスを手掛けるマネーフォワードは、100%子会社のマネーフォワードフィナンシャルによる仮想通貨関連事業への参入を延期すると発表した。写真はサラエボで昨年2月撮影(2019年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京 15日 ロイター] - 自動家計簿サービスを手掛けるマネーフォワード<3994.T>は15日、100%子会社のマネーフォワードフィナンシャルによる仮想通貨関連事業への参入を延期すると発表した。仮想通貨マーケットの冷え込みによる収益性の悪化と、マネーロンダリング防止対策など体制整備に伴うコスト高が理由。ブロックチェーン技術の研究は継続する。

金融庁への仮想通貨交換業の登録手続きは中止する。マネーフォワードは同日、特別損失6139万円を計上した。

マネーフォワードフィナンシャルは、金融庁出身の神田潤一氏が社長に就き、交換業への登録を目指していた。

 

(和田崇彦)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。