金もコネもない25歳が「人気財布」を作れた理由

異例のヒットの裏にあるWebサービスの支え

ユニークにデザインされた”高知”の文字がモノグラムとなっている「高知の財布」(筆者撮影)

「高知の財布」が話題になっている。「高知」の文字が全面にプリントされた遊び心のあるデザインで、昨年夏、よさこい祭りを見に来たノンスタイル石田明さんが「COACHや思ったら高知やった」とツイッターでつぶやいたことで人気に火が着いた。直後、4500個が数日で完売した。

開発したのは、高知県出身のクリエイター・中島匠一(しょういち)さん(25歳)。第一印象は身体の線が細くきゃしゃで、一見するとなんだか頼りない感じ。

「高知の財布」を作り出したクリエイターの中島匠一さん(筆者撮影)

取材時はアールグレイの紅茶を飲みながら角砂糖をかじり、「僕、膵臓が弱いんで糖分取らないと低血糖になってしまうんです」。ではケーキでもいかがと勧めると、「クリームの脂肪が分解できないので……」と言い、少々心配になってしまった。だが話を聞くと、内面に秘めた芯の強さを感じさせた。

ヒットのきっかけは「VALU」

中島さんは2017年3月に大阪芸術大学を卒業し、子ども向けの科学教室やアート教室を開き、生計を立てていた。昨夏、高知県をテーマにしたブランドを作りたいと思い立ち、「高級ブランドといったらお財布かな」と「高知の財布」を思いついた。

「何度も何度も下書きをして、いちばんヨーロピアンでエレガントなものをロゴにしました。僕は普段からアラビア文字のような丸みのある形が好きで、意味もわからずアラビア語を模写したりしているんです。角ばったものが一切なく、”うねり”を感じさせる曲線美にこだわってデザインしました」(中島さん、以下同)

当初は一つひとつ手作業でプリントしていたが、注文が増えるにつれて、すぐに限界に。工場での大量生産をしなくてはと思っていたときに、さまざまなアドバイスをくれたのが、メーカー勤務で香港在住の会社員「そんぷ〜さん」だった。

そんぷ〜さんのことは知り合いに紹介してもらったが、直接連絡を取るきっかけとなったのが、「VALU(バリュー)」というネットサービスだ。

「高知の財布がヒットして、多くの取材を受けました。そのときにVALUの話もしたんですが、どこも取り上げてくれないんですよね(笑)」

取り上げないのも無理はない。説明がややこしいのである。そこで今回は、中島さんがどのようにVALUを活用したか、紹介したい。

次ページ「VALU」とはいったい?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT