日本発の仮想通貨「カルダノエイダ」の光と影

開発資金調達のICOをめぐり、くすぶる批判

カルダノの開発を手がけるチャールズ・ホスキンソン氏。イーサリアムの開発者として知られる(2018年9月、記者撮影)

「スタート時がフェアだったのかどうかという質問に何度も何度も答えるのは正直うんざり。過去は過去でしかない」

「投資をした方々は間違いなく得たものがある。またその価値は投資した当初と比べてかなり上回っている」

今年1月下旬、記者の取材に彼はそう息巻き、不満げな表情をみせた。彼の名はチャールズ・ホスキンソン氏。ビットコインと並ぶ代表的な仮想通貨(暗号資産)イーサリアムの開発に携わった経歴を持つ。現在は新しいブロックチェーン技術である「Cardano」(カルダノ)の開発を手がけている。

詳細は後述するが、資金と人材における貢献度からカルダノは「日本発」の仮想通貨と言える。しかし、開発資金を調達するために行ったICO(イニシャル・コイン・オファリング)で、「まるでマルチ商法だ」「情報弱者をあおっている」との批判を受けた。そのため、日本の仮想通貨業界で表立って話題にする人は少なかった。だが、その存在はもはや無視できないものになっている。

ICOで日本を中心に69億円調達

ホスキンソン氏らは、「ADA」(エイダ)と名付けたカルダノ上で使用されることになる仮想通貨を人々に買ってもらうことで、カルダノ開発のための資金を集めた。

2015年9月から2017年1月までの間、日本をはじめアジア8カ国でエイダ購入の募集が段階的に行われた。エイダを購入したのは約1.4万人。最終的に集めた額は6200万ドル(約69億円)で、その94%が日本からのお金だった。

一時期は本当に上場できるのかと危ぶむ声も多かったが、エイダは2017年9月、アメリカの大手仮想通貨交換所に上場。その後、中国にある世界最大手の「Binance」(バイナンス)も含め、20超の交換所に上場している。

次ページ価格は一時、400倍に急騰
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。