日本発の仮想通貨「カルダノエイダ」の光と影

開発資金調達のICOをめぐり、くすぶる批判

価格は一時、ICOで販売した時の400倍超に高騰。購入者から多数の「億り人」が生まれたとされる。足元は値を下げたとはいえ、4月2日時点での時価総額は約2000億円。仮想通貨時価総額ランキングでは世界10位となっている。

カルダノのプロジェクトを立ち上げたメンバーは、ホスキンソン氏を筆頭に4人いる。そのうち2人が児玉健氏と佐々木健二氏という日本人だ。

ホスキンソン氏(左)によると、児玉健氏(右)が「ビジネスサイド」を担当した(2017年10月、記者撮影)

児玉氏はカルダノに関わる前、ファイナンシャルプランナーの資格を取得し金融商品の販売やライフプランニングの提案業務を行っていた。佐々木氏は「イーサリアムのICOに出資した最初の日本人の1人」(ホスキンソン氏)。また「日本初のマイニング会社を設立」していたと、佐々木氏の監修した本には記されている。

的外れとはいえない「マルチ商法」批判

ホスキンソン氏の言葉を借りれば、この2人がカルダノのプロジェクトを進めるに当たって「ビジネスサイドを担当」した。とくに児玉氏の設立したアテインコーポレーションという会社がエイダの総代理店となってマーケティングを進めることになった。

アテイン社は、「マーケター」と呼ぶ代理店を使って購入者を勧誘した。勧誘を受けた人がエイダを購入した際には、その10%の額がアテイン社からマーケターに支払われるという報酬制度があった。

冒頭に記したホスキンソン氏の苛立ちは、このような代理店を用いた勧誘への批判に対するものだ。

次ページマルチ商法ではない?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT