アマゾン「売れているビジネス書」ランキング

新1万円札の肖像「渋沢栄一」の著書が急伸

新1万円札の肖像「渋沢栄一」氏の著書が急上昇しました(画像:Fast&Slow / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、4月7日~13日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『THE TEAM 5つの法則』が3週連続で1位に

今週(4月7日~13日)のランキングでは、『THE TEAM 5つの法則』(麻野耕司著、幻冬舎)が3週連続で1位を獲得した。特別な要因はなく、毎日安定して注文が集まっているという。

『THE TEAM 5つの法則』(書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

2位には、前週4位だった『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング著、日経BP社)がランクインした。こちらも特別な要因はなく、安定して注文が入ったという。

3位には、前週9位だった『ブチ抜く力』(与沢翼著、扶桑社)がランクインした。「日刊SPA!」の記事が影響し、注文が集まった模様だ。

前週144位から10位にランクインしたのが『現代語訳 論語と算盤』(渋沢栄一著、筑摩書房)だ。新1万円札の肖像に著者が選ばれたことで注目された模様だ。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「次に読む本」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。