JAL直伝「ラジオ体操」で健康になる3つのコツ

"考え抜かれた全身運動"の高いポテンシャル

JALはラジオ体操を取り入れて社員の健康管理に役立てています。実はラジオ体操には「目からウロコ」な実践的な効果があるのだそう(写真:IYO/PIXTA)  
日々の運動不足を実感していても、「いったい何から始めていいものか」「いろいろ試してみても長続きしない」という方も多いのではないでしょうか。
誰もがよく知るラジオ体操が、実は気軽に始められるエクササイズとして近年新たな注目を集めていることをご存じでしょうか。
そんなラジオ体操の真価を知り、社員の健康管理に役立てているのが航空会社大手の日本航空です。その牽引役であり、書籍『JAL健康管理部 本気の!ラジオ体操講座』も監修する日本航空健康管理部に、ポイントを押さえた本気の!ラジオ体操について聞きました。

JALが取り入れているのは、全国ラジオ体操連盟「ラジオ体操第一」です。「本気の!」と言っても、体操の中身はいっさい変えていません。オリジナルの体操のポイントを押さえて正しく行うことを「本気の!ラジオ体操」と表現しています。

3分15秒で手軽にできる全身ストレッチ

では、ラジオ体操は何がいいのでしょうか。

1:全身の筋力アップとストレッチが同時にできる

ラジオ体操第一は、「伸びの運動」から「深呼吸」まで、12の運動が13のパートに分かれてできていますが、その一つひとつで体のさまざまな筋肉を使い、3分15秒で全身をまんべんなく動かすことができるよう考えられています。

例えば2番目の「腕を振って脚を曲げ伸ばす運動」です。かかとを上げた屈伸により、足やひざの関節と股関節を動かし脚部全体の筋肉を鍛え、さらに腕を振る動きにより、肩甲骨周りの筋肉をストレッチするという、いくつもの効果が期待できるのです。

次ページラジオ体操は完成度の高い体操
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 30歳とお金のリアル
  • はじまりの食卓
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スタバvs.コメダ<br>知られざるコーヒー頂上決戦

米国シアトル発でスタイリッシュなスターバックスコーヒーと、名古屋発で庶民的なコメダ珈琲店。多様化する国内カフェ市場では「振り切った戦略」でないと生き残れない。対照的な両チェーンの戦略の違いを検証する。