2014年も、「円安」で決まり!

怖いのは、フランスと「じぇじぇカーブ」!?

債務問題がクローズアップされた時のリスクに注意

渋澤 過去の政府債務の額を見ると、1944年に対GDP比で266.9%まで上昇しています。その2年後には73.5%まで低下しているけれども、単純にいえば、これは政府の借金の棒引きです。

コツコツ投資を説く「草食投資隊」の地道な活動が、いま実り始めている(セゾン投信社長中野晴啓さん(左)、レオス・キャピタルワークスCIO藤野英人さん(中)、コモンズ投信会長渋澤健さん(右)

この時代に、最大の被害を被ったのは日本国民、特に預金者ということになりますね。今の政府債務を対GDP比で見ると、「歴史は繰り返す」と言えるのか、「そんなこと言ったらおしまいだよ」で軽く片付けるのか。

100年前後の単位でチャートを見ていると、貿易収支と為替の効果を主に示した「Jカーブ」じゃないけど、Jの字が2つあるように見えるわけ。これって、2013年の流行語になぞらえると、「じぇじぇカーブ」じゃないかって(苦笑)。

まあ、とにかく、今はドル高に目が向いているけれども、このまま借金が増え続けると、どこかの時点で円安がクローズアップされる恐れがありますね。そうなったら、円安に歯止めが効かなくなるでしょう。

中野 藤野さんは1ドル=110円超という見方ですよね。

藤野 今の時点で1ドル=105円前後だから、110円は全く違和感ありません。120円となると、ちょっとハードルが高いかなという気もしますが、110円は射程距離です。もっとも、渋澤さんが言うように、日本の債務問題がクローズアップされれば、円安に歯止めが効かなくなるリスクは想定しておく必要があるでしょう。

渋澤 いずれにしても、草食投資隊のコンセンサスとしては、今後もドル高・円安が続くということのようだね。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT