トランプ氏「対中通商協議、4週間内に合意も」

本当に中国との通商合意は近づいているのか

 4月4日、トランプ米大統領は、中国との通商合意がかなり近づいており、4週間以内に合意に達する可能性があると述べた。写真は中国の劉鶴副首相と会談するトランプ氏(2019年 ロイター/JONATHAN ERNST)

[ワシントン 4日 ロイター] - トランプ米大統領は4日、中国との通商合意がかなり近づいており、4週間以内に合意に達する可能性があると述べた。

通商協議でワシントンを訪れている中国の劉鶴副首相との会談で語った。劉副首相も大きな進展があったと述べた。

米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は、なお解決すべき大きな問題が残っているとの見解を示した。

トランプ氏は、主要な課題には関税や知的財産権などが含まれると指摘。劉副首相と関税について協議すると述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT