トランプ氏「対中通商協議、4週間内に合意も」

本当に中国との通商合意は近づいているのか

 4月4日、トランプ米大統領は、中国との通商合意がかなり近づいており、4週間以内に合意に達する可能性があると述べた。写真は中国の劉鶴副首相と会談するトランプ氏(2019年 ロイター/JONATHAN ERNST)

[ワシントン 4日 ロイター] - トランプ米大統領は4日、中国との通商合意がかなり近づいており、4週間以内に合意に達する可能性があると述べた。

通商協議でワシントンを訪れている中国の劉鶴副首相との会談で語った。劉副首相も大きな進展があったと述べた。

米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は、なお解決すべき大きな問題が残っているとの見解を示した。

トランプ氏は、主要な課題には関税や知的財産権などが含まれると指摘。劉副首相と関税について協議すると述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。