トランプ氏「対中通商協議、4週間内に合意も」

本当に中国との通商合意は近づいているのか

 4月4日、トランプ米大統領は、中国との通商合意がかなり近づいており、4週間以内に合意に達する可能性があると述べた。写真は中国の劉鶴副首相と会談するトランプ氏(2019年 ロイター/JONATHAN ERNST)

[ワシントン 4日 ロイター] - トランプ米大統領は4日、中国との通商合意がかなり近づいており、4週間以内に合意に達する可能性があると述べた。

通商協議でワシントンを訪れている中国の劉鶴副首相との会談で語った。劉副首相も大きな進展があったと述べた。

米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は、なお解決すべき大きな問題が残っているとの見解を示した。

トランプ氏は、主要な課題には関税や知的財産権などが含まれると指摘。劉副首相と関税について協議すると述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。