トランプ氏「対中通商協議、4週間内に合意も」

本当に中国との通商合意は近づいているのか

 4月4日、トランプ米大統領は、中国との通商合意がかなり近づいており、4週間以内に合意に達する可能性があると述べた。写真は中国の劉鶴副首相と会談するトランプ氏(2019年 ロイター/JONATHAN ERNST)

[ワシントン 4日 ロイター] - トランプ米大統領は4日、中国との通商合意がかなり近づいており、4週間以内に合意に達する可能性があると述べた。

通商協議でワシントンを訪れている中国の劉鶴副首相との会談で語った。劉副首相も大きな進展があったと述べた。

米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は、なお解決すべき大きな問題が残っているとの見解を示した。

トランプ氏は、主要な課題には関税や知的財産権などが含まれると指摘。劉副首相と関税について協議すると述べた。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • iPhoneの裏技
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
実家の片づけ<br>激変する相続<br>死後の手続き

モノであふれる実家の整理や親の死後対応は子世代が抱える悩みだ。7月には約40年ぶりに大改正された相続法が本格施行され、知らないと損することも出てくる。10連休こそ「親の3大問題」解決のチャンス! 完全保存版の最新手引。