フランスのサービスは世界最低って本当?

エールフランスはもう一生使わない

フランスのサービス水準向上に向けて

フランスがサービスに問題が多い国であるのは、残念ながら確かである。レジや受付の仕事は極端に遅く、ビサなども壮絶に非効率な官僚主義と公務員の多さのために途方もない時間とプロセスがかかる。最近フランスの観光業組合か何かがフランスはサービスが悪い、という印象を変えるために諸々の改革案をとっているらしいが、フランスへの窓口であるエールフランス社員の意識改革や企業文化改革が最優先事項であろう。

誤解のないように書くと、私はフランスが大好きでその文化を尊敬している。この一連のおそらく世界最低水準(一人当たりGDP比)のサービスにも関わらず、世界中で最も観光客が押し寄せるほど、その文化は世界的に尊敬され強い吸引力を有している。しかも生きるために働くのではなく、働くために生きる人が多い現代のグローバル・競争社会において、これほど働くことが人生を楽しむための二の次であることが徹底しているカルチャーも見上げたものである。

しかしフランスが好きだからこそ、このフランスへの玄関である航空会社のサービス改善を切に求めたい。私のヨーロッパの友人だけでなく、フランスの友人もエールフランスはできるだけ使わない、と怒っている人が極めて多いのに驚いた。やはり国営カルチャー、社会主義カルチャーの会社では経営が極めて苦しかろうと、サービスを改善するという民間での競争の基本が根付くことはないのだろうか。

今後エールフランスが観光大国・文化大国フランスの空の顔として恥じないサービスをフランスへの訪問客に提供することを、心より祈念する次第である――もう一生使わないけど。オーボワ、エールフランス!! 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT